スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四季報 2009年1集

 少し遅くなりましたが、今週日曜日(14日)に四季報CD-ROMが届いていたので、早速使ってみました。今号でVer.4.0からVer.5.0にバージョンアップされています。Ver.5.0の新機能についてもいろいろ触れてみようかと思っています。



 Ver.5.0はVer.4.0と互換性が無いようで、前データを上書きせず、Ver.5.0として新たにインストール。V.4.0で使っていた条件式はそのまま引き継げないので、ちょっと面倒ですがV.4.0の条件式をエクスポートして、V.5.0を立ち上げてそちらで旧条件式をインポートする必要があります。条件式に使用している項目によってはV.5.0にインポートするときにエラーが出るようですが、幸い私がV.4.0で使っていた条件式はそのままV.5.0に移行できました。

 ということで、Ver.5.0を立ち上げてみました。
shikihoucdv5.png←クリックで拡大

 画面は基本的にはほとんど変わっていませんが、アイコンが少し今風になってます。また、基本画面からクリックして見れる詳細データに、ダウンロードすることで更新される「最新・財務データ」「最新・四半期財務データ」が追加されています。これが新バージョンでの一番大きな変化だと思います。

 「最新・財務データ」「最新・四半期財務データ」は週1回(木曜日)に更新され、決算発表や業績予想の修正があればすぐにこのデータに反映される(まだ未確認)ので、3ヵ月後の次号四季報発売まで待たなくても、このデータを毎週ダウンロードしてスクリーニング項目として使えば常に最新の財務データでスクリーニングができます。また、このダウンロードデータは連・単共通となっているので、このダウンロード財務データだけでスクリーニング条件式を作ってしまえば、今までのように連結決算銘柄・単独決算銘柄でそれぞれ条件式を作る必要はなくなります。財務諸表のよほど細かい項目まで使うような条件式でなければ、ダウンロード業績データだけでほとんどのスクリーニング条件式は作れそうです。また、このダウンロード業績データに含まれる今期業績予想値はは四季報予想ではなく会社予想なので、今まで悩まされてきた(?)当てにならない四季報予想より精度が高い会社予想値でスクリーニングができるのも助かります(もちろん今まで通りの四季報予想値を使ったスクリーニングもできます)。

 これらを踏まえて、今週1週間でVer.4.0で使っていた旧条件式をダウンロード財務データを使って再作成し、新バージョン用の条件式を作ってみました。そのスクリーニング結果がこちら。
081215sc.png←クリックで拡大

 現時点では旧条件式でのスクリーニング結果とあまり相違はありませんが、今後2~3ヶ月で業績修正などがでてくれば、その最新データを反映した結果が出るはずです。ちなみに、Ver.5.0になってから、スクリーニングの結果表示のスピードも若干速くなっているようです。旧バージョンでは15~20項目の条件式だと結果表示されるまでにかなり時間がかかったのですが、新バージョンでは同じ条件式でもかなり早く結果表示されます。

 この新バージョンで新しく追加されたスクリーニング項目の中にはなかなか使えそうなものも含まれているので、旧バージョンで使っていた条件式と今回作り直した条件式を比較しながら新バージョンのスクリーニング項目の使い勝手についてエントリを書いていこうと思っています。

[ 2008/12/19 23:05 ] 四季報 | TB(0) | CM(6)

割安優良株スクリーニング

 明日から旅行ということで、取り急ぎ四季報CD-ROMで週足株価のデータをDLして、割安優良株のスクリーニングをやってみました。抽出条件はいつも通り(以下の通り)。

1.割安性指標について以下の条件を全て満たすこと。
 ※今期予想EV/EBIT 8倍以下
 ※今期予想PER 15倍以下
 ※フォワードPER 15倍以下
 ※今期予想PCFR 12倍以下
 ※配当利回り 1%以上
2.収益性指標について以下の4項目の何れかを満たすこと。
 ※ROA 7%以上
 ※ROE 20%以上
 ※ROIC 12%以上
 ※営業利益率15%以上
3.財務指標(SAF2002値)が120ポイント以上であること。


 で、結果はこんな感じです(クリックで拡大)。
sc081024.png
 スクリーニング結果を時価総額上位順でソートしています。そうそうたる一流企業がずらりと並んでいます。半年ほど前には考えられなかった状況です。ああ、ここらの会社根こそぎ買いたい。買う資金が欲しい。

 ただし、このスクリーニングの前提となる今期の予想収益が今後相当悪化する会社も大量に出てくると思われますので、もう少し待って今期業績をある程度見極められるまで、無条件で買いという訳にはいかないとも思われます。

[ 2008/10/24 22:06 ] 四季報 | TB(0) | CM(2)

四季報 2008年4集

 連休中に四季報CD-ROMが届いたので、早速インストール。



 今回はまだバージョンアップがないようなので、持株の記事をざっとチェックして、いつものスクリーニングをやってみました。結果は以下のとおり。

080915sc.png


 相変わらずいつもの冴えない銘柄が並んでいます(笑。割安株上位は前号とあまり変わっていない印象です。強いて言えば、前号よりさらに割安になっている感じでしょうか。

 ちなみに、9月12日付けの株価でスクリーニングしていますので、今週末に週足株価をダウンロードすれば、今日の株価暴落で新たに射程圏内に入ってくる銘柄も出てくるかもしれません。そういえば前々号(3月)時点もちょうど株価が大幅に下がったところだったので、キヤノンや武田薬品を買付けるきっかけになったのですが、今回はどうでしょうか。

[ 2008/09/16 18:20 ] 四季報 | TB(0) | CM(6)

四季報 2008年3集

 日曜日の午後に四季報最新号が届いていたのですが、どうもインストールするのが面倒だったので、ずっと息子と遊んでいました。


 んでもって、平日にインストールして、持株のコメントチェックをして、今日やっと週足株価をDLしてスクリーニングしました。結果はこんな感じ。
080620sc.png

 EV/EBITで見た割安上位30銘柄はほとんどサービス業(学習塾やら)や情報通信業(システム屋)ばっかりです。ということで、イマイチ食指が動きません。四季報3集はデータに3月決算の数値が反映されているので、いくつか面白そうな銘柄をピックアップしたかったのですが・・・。あと、四季報予想の減額も目立ちます。いつもの条件式で約160銘柄を抽出しているのですが、そのうち3分の1が前号比減額になっているようです。まぁ、単に前号の四季報予想が楽観的すぎたってことなんでしょうが。

 ということで、せっかく定期購読している四季報CD-ROMも、今回はあまり役立っていません。次号はいろいろ新しい機能が追加されるようなので、次の四季報では久しぶりにスクリーニング条件式を改良してみようかと考えています。

[ 2008/06/20 22:53 ] 四季報 | TB(0) | CM(2)

四季報 2008年2集

 日曜日の午後に最新の四季報CD-ROMが届いたので、早速データをインストールしてみました。


 で、いつものスクリーニングの結果は以下の通りでした。
080315sc.png

(↑クリックで拡大)

 この画面ではEV/EBITの値が小さい順に並んでいるので割安銘柄の上位30位くらいまでしか表示されていませんが、いつものスクリーニング条件で、キャノンや武田薬品などが登場してきています。ひたすら割安なだけで、いつになったら騰がるのか分からない小型・新興株を一部処分して、PFの何割かをキャノンなどの優良株に入れ替えるのもいいかなと考えています。


[ 2008/03/17 23:26 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

四季報 2008年1集

 恒例の四季報発売。夕方CD-ROMが届いたので、久しぶりにスクリーニングしてみました。


 で、いつものスクリーニングだと結果はこんな感じでした。
071213sc.png

 相変わらずパッとしない銘柄ばっかりです(苦笑)。ざっと見た感じでは入れ替えたいなぁと思うような銘柄は無く、今年はもう売買することはなさそうな感じです。そろそろ新しいスクリーニング条件式でも作ってみないとダメかもしれません。

 このスクリーニング結果とは関係ありませんが、ファースト住建をやっと処分しました。明日の決算に期待ができないこと(減配とか出そう・・・)、ストックオプション行使のためにもう少し現ナマがいること、いい加減この腐れ縁をどうにかしたかった事などが主な理由です。この銘柄と付き合って約2年。ずっと損ばかりさせられました。あー、売ってすっきりした。

[ 2007/12/13 23:49 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

四季報秋号

 一昨日、四季報CD-ROMが届いたので、早速スクリーニングしてめぼしい銘柄を探していました。


 いつも使っている条件式を使ってスクリーニングした結果は以下のような感じでした。
070914sc.png

 上位にはお馴染みの万年割安銘柄が名前を連ねています(笑)。この他にも低PBR銘柄のスクリーニングを行い、これらの中からシクリカル株っぽいものを除外して、直近と今期業績予想が良さそうな銘柄から数銘柄買付けました。例によって詳細な定性分析はやってません。

 また、三谷商事を売却、その他の銘柄で比較的ポジションの大きいものについて一部売却を検討中です。ついでに、だらだらと株価の下がっているウィザスをクロス取引で損失確定しようと考えています。ウィザスについては9/14時点の株価で配当利回りが5%を超えています。いくらなんでも売られる過ぎかなと思ってます。

 その他、ファースト住建をいい加減損切りするか迷ったり、クロス取引が失敗した幻冬舎について、買戻しの無理目な指値を出し続けたりしています。

[ 2007/09/15 10:15 ] 四季報 | TB(0) | CM(4)

四季報CD-ROM 春号

 帰宅したら四季報CD-ROMが届いていたので、早速スクリーニング開始。



 ヘビーユーザーの方はすでにご存知かとは思いますが、四季報CD-ROMをfujisan.co.jpで定期購読すれば20%OFFになります。

 ざっとスクリーニングしてみたのですが、私の使っている条件式で引っかかるのは学習塾やシステム屋ばかりです。今号の四季報の業績予想が前号比増額になっている銘柄をチェックしていますが、なかなかいい銘柄が見つかりません(といってもまだ2時間ほどですが・・・)。

 週末までに何銘柄かピックアップして・今期の業績推移や過去の開示情報を当たってみようと思います。

[ 2007/03/14 22:37 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

碧い目の投資家さん達の動向とスクリーニングの改良

 いよいよクリスマス。水瀬さんのようにテンプレートを変更してブログの雰囲気を変えようかと思いましたが、途中で面倒になり、TOP画像一枚追加で済ましてしまいました(笑。
 
 やっと体調も回復してきましたので、投資関係の記事を書こうと思います。

 四季報新春号発売以降、3711 創通エージェンシー、6918 アバールデータ、7460 ヤギの買付けを行いました。どちらも指標で判断して割安であることや今期決算が好調そうであることが買付けの理由です。有報はチェックしてません。四季報の財務データと、過去の開示情報だけさくっとチェックした程度です。定性分析をやらないならこの程度で十分かなぁと考えています。それよりも本業で上場準備に向けた目論見書(有報)の作成の手伝いを行っており、体調不良も相まって人様の会社の有報までじっくり読む余裕がありません(って今は会社休んでますが・・・)。

 また、新しい四季報が届いたついでに、過去のスクリーニングに新しい項目を追加してみました。参考にした記事はこちら従来の条件式で割安株を抽出するさいに、碧い目の投資家さんの動向も一緒に計算してしまおうという目算です。

 条件式は、[外国人持株比率(%)(-1)]-[外国人持株比率(%)(-2)]、これで、スクリーニングで抽出した各銘柄を、碧い目の投資家さん達が売ってるのか買ってるのかおおまかな動向は見えそうです。これも機械的(適当な?)銘柄選択の際の一助になるのではないかと考えていますが、あまりにも碧い目の投資家に買われすぎてる割安株はすでに仕込済みでおいしい部分は残ってないかもしれません。 

 最近PFに組み込んだ銘柄の中では、3376 オンリーの外国人持株比率が前期比21%増。4298 プロトコーポレーション、9824 泉州電業で各約数%程度増となっていました。果たしてこれが吉か凶か、経験の浅い私にはまだわかりません。

 それにしても、私がPFに組み込んでいるのは主に時価総額300億円以下の小型株で、時価総額が100億円未満の会社も含まれているのですが、こんなところまで碧い目の投資家さん達の手が伸びてきているとは驚きです。


[ 2006/12/23 23:59 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

四季報最新号到着!

 四季報最新号が届いていたので、早速スクリーニング。


 CPが20%程度あるので、今回の四季報から割安かつ今期の業績が上振れしそうな銘柄を探してますが、ざっとみたところあまりいい銘柄が見つかりません。それでも2、3気になる会社があったので、過去の有報と開示情報を調べてみようと思います。

 でも、イマイチやる気が出ない。そろそろ新興市場も回復してきそうな感じがするんですが、私の体調は回復どころか超低空飛行中で集中力がありません。

[ 2006/12/13 21:25 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。