スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年1月の運用成績

 2009年1月の運用成績は以下の通りとなりました。

0901pf.png
※上記パフォーマンスは、「売買手数料込み、税引後配当は再投資、資金追加時はパフォーマンスを修正、譲渡益税は考慮せず(現時点ではまだ発生してないので)」という条件で算出しています。

2005年1月からの累計
0901.png

個別銘柄ポートフォリオ
pf0901.png


今月の売買
売却
9430 NECモバイリング(株) 全株


 TOPIX、JASDAQともに大幅にアウトパフォームしたものの、年初からマイナス・・・。今年もこんな相場がダラダラと続くような予感がしてます。なので、今年はあまり動かず、なるべく売買を控え、マイナス幅をできるだけ小さくできればと考えています。

 個別株については、昨年作成した新しい四季報スクリーニング条件に従い、泉州電業に続いてNECモバイリングも全株売却。3Q決算はまずまずだったのですが、もう決めたことなので仕方ありません。残ったキャッシュで買付ける銘柄を検討していますが、今のところ各企業の3Q決算や通期業績の修正が次々と出ている最中ですので様子見です。

 保有銘柄で今月末までに出ている決算・業績予想修正等については、キヤノンを除いて大きな問題はありませんでした。キヤノンについては、来期業績予想が大幅な減収減益となっており、買付け時の割安性・収益性等の諸条件が大きく崩れてしまったのですが、長期的に見て今の株価が底に近いかなと考えているので、このままホールドです。本当は泉州電業やNECモバのように定量スクリーニングに基づいて機械的に売却してしまうのがいいのかもしれませんが、このクラスの優良株であれば多少主観的な判断を加えてもいいかなと思っています。

 こんな状況ですが、一応週末には最新株価をダウンロードして、毎週四季報スクリーニングをやっています。昨年後半くらいからスクリーニングに引っかかってきていたコマツ、任天堂、信越化学工業やその他大手商社等の大型優良株を監視銘柄として今期業績を注視しているのですが、今期業績の大幅下方修正などでこれらの優良企業が次々とスクリーニング結果から消えていきます。数年持つ覚悟があれば(一応あるのですが)いずれの企業もいつかは業績が回復するものと考えているのですが、今慌てて手出しする必要もないと思いますので、来期業績の見通しが出るまでは判断を控えています。

 ということで、本来はフルインベスト派なのですが、しばらく新規買付けは控えて約16%残っているキャッシュポジションはしばらくそのままにしておこうと思います。
関連記事


[ 2009/01/30 22:16 ] 月次運用成績 | TB(0) | CM(2)

大型株の処遇

キャノンは、僕も持っていますが、1月上旬に売却するべきかどうか、かなり迷いました。迷っている間に売りそびれてしまいました。

>本当は泉州電業やNECモバのように定量スクリーニングに基づいて機械的に売却してしまうのがいいのかもしれませんが、このクラスの優良株であれば多少主観的な判断を加えてもいいかなと思っています。

大型株と小型株を同じ基準で売買するのは、果たして妥当なことだろうか、と少し前から思っていました。この件については、僕もItoさんの意見に賛成です。
[ 2009/01/31 21:56 ] [ 編集 ]

ブルーチップ

>のっぽさん
新興小型株については、業績の急激な悪化などであっという間に倒産してしまうことも多いので、状況が変われば下手に感情を交えずサクサク損切りしてしまうのがいいと思っています。

逆に、日本を代表するような優良企業(輸出関連銘柄が多いように思います)であれば、そう簡単には倒れないでしょうから、一時的な業績の悪化で株価が大幅に下がれば買いのチャンスと判断してもいいのかなと思っています。問題は、「一時的な業績の悪化」がどれくらい続くのか予測できるかどうかですが・・・。
[ 2009/02/01 15:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/773-554d399b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。