スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ジム・ロジャーズ中国の時代』

 『ジム・ロジャーズ中国の時代』読了。

ジム・ロジャーズ中国の時代ジム・ロジャーズ中国の時代
林 康史 望月 衛

日本経済新聞出版社 2008-06-14
売り上げランキング : 3904
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 内容は前作の『商品の時代』と似たような感じです。コモディティが中国株に変わっただけ。冒険投資家シリーズは2作とも面白かったのですが、『商品の時代』くらいから多少ポジショントークが入っている感じがしてあまり面白くないです。アマゾンの書評も賛否両論のようです。

 今回の『中国の時代』については、読むのが3年遅かったか、それとも3年後に本の通りになったと思えるか、微妙なところです。上海総合指数の長期チャートはこんな感じ。

sse5y.png

 3年前に中国株を買っていれば大儲けでしたが、今中国株を買って3年後にまた大儲けできているかどうかは不明。どちらにしても、他人の意見で投資先を決めちゃうのはどうかと思います。お小遣いで上証50連動型上場投資信託を買うくらいならまだしも、今のところ中国株を本格的にポートフォリオに組み込むことはないと思います。

 なお、中国の今後についての見解は、2006年に書いたこのエントリ以来、ほとんど変わっていません。前にも書いたとおり、中国の将来にはあまり楽観的ではないのですが、未来のことは誰にもわからないですから、ジムの言うとおり、今世紀の後半には中国が世界の覇権を握る時代が来るのかもしれません。
関連記事


[ 2008/10/22 12:15 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/749-3d7bb0c9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。