スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『あたらしい戦略の教科書』

 酒井さんの前作、『はじめての課長の教科書』 がいい本だったので、第二段の本書も読んでみました。

あたらしい戦略の教科書あたらしい戦略の教科書
酒井 穣

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-07-15
売り上げランキング : 139
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前作同様、実践的な内容になっています。ビジネス書を読むのはもうやめようと思っていたのですが、この本は読んでよかったです。「課長」からいきなり「戦略」ということで、まったく内容の違う本になっているのかと思ったのですが、現場からのボトムアップによる戦略立案ということで、「課長」本の延長上に位置づけて読める内容になっています。

 戦略というと、経営企画室のような部署でいろいろな数字を分析しながら立案される難しいものという印象があったのですが、この本では戦略をカーナビにたとえて説明されており(現在地の確認→目的地の入力→ルートの検索)、戦略のせの字も考えたことがなかった私でも、戦略とはどういうものであるのかがよくわかります。ある目的を達成するために立案するものが戦略であるとすれば、私たちは日常生活でも仕事でも、無意識のうちに戦略を立案して行動しているとも考えられますが、この本のおかげでそれを意識的に捉えることができるようになったように思います。

 仕事の合間にちょこちょこと読み進めていたのですが、現場ですぐ使えそうな部分もあり、仕事を進めることが、以前より少し楽しく感じられるようなった気がします。また、仕事だけでなく自分の人生においてもこの本に書かれている「戦略」的な考え方は役に立ちそうです。


 ちなみに、同時期に読んだこの本も面白かったです。

南の島で、暮らそうか! (角川oneテーマ21)南の島で、暮らそうか! (角川oneテーマ21)
バンガート めぐみ

角川書店 2005-07
売り上げランキング : 58005
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 個人的には、仕事でも人生でも「戦略」なんて難しいことをを考えずに、どこか南の国でだら~っと生きていきたいのですが、いつかそういう生活ができるように、今は戦略的に生きることが必要なようです。ああ、ややこしい。
関連記事


[ 2008/08/14 18:06 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(3)

戦略とブログ

戦略なんて考えず、僕もぼーと過ごしたいのですが、今、現在を生きていくためには、僕にも「戦略」は必要であるようです。

>ある目的を達成するために立案するものが戦略であるとすれば、

「戦略」は重要ですね。
ブログを書くということが戦略を練る上で有効である、と最近、思っています。
[ 2008/08/14 20:06 ] [ 編集 ]

はやく僕もぼーっと暮らしたいです(^^ゞ
[ 2008/08/14 20:31 ] [ 編集 ]

>のっぽさん
ぼーっとするのにも戦略が必要というこの矛盾をどう解決するかが問題です(笑。

確かにブログを書くと、「現在地の確認→目的地の入力→ルートの検索」のそれぞれが明文化されるので、特定の目的に合わせた戦略について考えるにはいいツールなのかもしれないですね。他の人から貰ったコメントから思わぬルートを見つけ出してくれたりしますし。

>水瀬さん
ほんと、一生ぼーっとしてたいです(笑。
今のところ、旅行で南の島にでも行って、数日間ぼーっとするくらいしかできませんが・・・。
[ 2008/08/14 22:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/724-7b335b37









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。