スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金融機関の整理(3)保険

 銀行・証券につづいて保険です。保険は私がもっとも苦手とする金融商品で、まだまだ勉強不足です。

(3)保険
・某大手生命保険
 結婚と同時に某大手保険会社の生命保険(私)と付帯する医療保険(私と妻)に入りました。ともに掛け捨ての保険です。某社の保険を選んだ理由は妻の母の知り合いに親切な生保レディ(親切じゃない生保レディなんていないでしょうが・・・)がいたこと。ということで、生命保険と医療保険を合わせて、月数万円の保険料を今もせっせと払っています。また、独身時代(20代前半)に入った某大手外資系保険会社の医療保険にも、つい最近まで入ってました。さすがにこれは無駄だと思って、今は解約しています。

ライフネット生命保険
 一時期相互リンク先のブログで話題になったことで存在を知ったネット保険会社です。サイトがとても充実していて保険の勉強になります。今入っている保険とほぼ同じ保障の保険にいくらで入れるのか、ライフネット生命で見積もりしてみてびっくりしました。死亡保険も医療保険も保険料は半額以下、今払っている保険料がバカバカしくなります。新興の会社ということで、いざというときの保険金未払いなどが少し心配ですが、最近では大手も信用できないようなので、未払いリスクは大手もこちらもそれほど変わらないかなぁと思っています。
 真剣に保険の乗換えを考えているのですが、昨年からうつの治療で通院中なので、新しい保険会社では保険の引き受けをしてもらえません。病気が治ったら、保険についてもう少し勉強して、いろいろ再検討してみようと考えています。

 投資を始めてから、いろいろな金融商品について少しは知識が身について、保険についてもいろいろ思うところがあるのですが、今のところ保険についてはまったく手をつけていない状態です。現在の金融資産や、万が一の場合の子供の将来のことなどを考えると、まだ「保険はいらない!」と言い切れるほどの状況ではないと思っているので、何らかの保険には加入し続けることになりそうですが、保険料の節約については、まだ検討する余地がありそうです。
関連記事


[ 2008/06/29 23:13 ] 投資 | TB(0) | CM(2)

以下、一般論ですが、、、

①死亡保障
唯一、ケースによっては入る価値のある保険。
損保ジャパンDIY保険の詳細設計ツールを使ってみれば、必要保障額&期間の目処は付く筈。

②病気への保障 (定期医療・病気時の収入確保など)
もし、普通の会社の普通のサラリーマンであれば、全く不要。

③老後保障 (終身医療・介護など)
(貯蓄しておいて)60歳になってから判断すべき。
医療も介護も、制度や医療水準がどう変わるか予測不能。

ちなみに私は、家族持ちですが一切保険には入っていませんw
貯蓄優先です。
[ 2008/07/24 01:33 ] [ 編集 ]

>tantsuboさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
保険については、橘玲氏の「黄金の羽根」シリーズで勉強した程度の知識ですが、個人的にはこんな感じかと思ってます。

1.死亡保険
住宅ローンを組んでいて、団体信用生命保険にも入っているので、個人的には死亡保険も必要ないかと思ってますが、残された家族のことが気になるので、子供が大きくなるまでは数千万円程度の生命保険に加入が必要かとも思っています。

2.医療保険
実際、今の病気では入院していないので、休職していた期間も、民間の医療保険はまったく役にたってません。逆に、社会保険にちゃんと入っていれば、傷病手当等があるので、民間の保険はいらなさそうですね。

3.介護保険等
これは、子供をたくさん作ることが一番の保険かも・・・、リスクは高そうですが(笑。あまりにも先過ぎるので、とりあえず今貯蓄することが一番重要なんでしょうね。

私も橘玲式にいけば、保険はいらないかなぁと頭では理解できるのですが、実際にはなかなか合理的な判断が下せないです・・・。
[ 2008/07/24 14:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/708-ee8a2bfc









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。