スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誰に売るのか?

 休職中で暇なので、なんだかんだ言いつつ他の投資家さんのブログをだらだらと読む毎日が続いています。それらを読んで思いついたことを思うままにつらつらと書いてみようと思います(またまとまらない文章になりそうです・・・)。

 自分も含めて、個別株をやっている投資家さんのブログを見ると、企業のバランスシートやビジネスモデルの分析や、将来の成長シナリオに関するエントリはよく見かけるのですが、肝心の自分の投資の出口戦略についてのシナリオはあまり書かれていないような気がするのです。

 ここで私がいう「出口戦略」とは、自分が何らかの理由で買付けた株を「いつ、誰に、幾らで売りつけるのか?」というシナリオのことです。最近読んだ山崎氏の『新しい株式投資論』の”株式投資は不美人投票である”という一節にかなり影響を受けていると思うのですが、どんなに銘柄選択が優れていても、誰にも買ってもらえなければ利益は出せないわけで、いわゆる「次の買い手」を想定せずに株を買っていては、いつまでたっても儲からないと思うのです。

 「その企業を応援するために株を買っている」(つまり半永久所有)という意見については私は否定的で、バフェットや竹田翁のように会社の経営陣にある程度の影響力を与えるほどの株式を保有するのであれば応援するなり何なりできるのでしょうが、一般の零細株主が会社の部分所有権でしかない株式を少々持つだけであれば、その有価証券をセカンダリ・マーケットで売買して利益を上げるというのが株式の主たる所有目的になると思います。

 また、「会社の将来の業績についてのシナリオを描くことにより、将来有望な企業を探しだし、その会社が実際に成長したときに誰かに売りつける」という視点で考えれば、個別企業の分析はそのまま出口戦略になりそうな気がしますが、実際その分析が当たる可能性はなかなか高くは無いでしょうし、もっと単純に、「この株は数年以内にこういう材料で人気化しそうだから、そのとき売り抜けよう」と考えるほうがよっぽど当たる確立が高いような気がします。

 なんだかよくまとまらない文章になってきましたが、一応バリュー投資家を自称している私はどうかというと、企業の現在価値を何らかの方法で割り出し、本来の価値と現在の価値のズレが将来修正されることを狙って割安株に投資しているわけで、明確に出口戦略を持っているわけではありません。

 はっきりした結論があるわけではありませんが、今後投資の成績を上げていこうと思うのであれば、ただ安い株を買うだけではなく、「その株を(できれば近い)将来、他の誰かに高く買っていただく」という視点を持って買い付ける株を考えないといけないなぁと思っています。
関連記事


[ 2007/12/15 01:33 ] 投資 | TB(0) | CM(4)

お晩ですー。
所謂バリュー派・割安派というのは

・将来有望な企業を探しだし、その会社が実際に成長したときに誰かに売りつける
・この株は数年以内にこういう材料で人気化しそうだから、そのとき売り抜けよう

という才覚は凡人に備わっているものではないという考えを前提として、最終的に落ち着くスタンスだと考えていたんですがこれは自分だけなのかな。

>「いつ、誰に、幾らで売りつけるのか?」
いつ・誰 かまでを考慮して購入してる方は非常に少ないんじゃないでしょうか。幾らで売りつけるのかは皆買った時点で想定しているでしょうけど、私はItoさんが仰るように「肝心」だからこそ書かない、と思ってます。個人的には井戸端会議的に値を予想するのは好きですが(笑

>どんなに銘柄選択が優れていても、誰にも買ってもらえなければ利益は出せない
「誰にも買ってもらえない」状況はそれほど長くは続かないんじゃないかと考えてます。でなければ年金やファンドが成り立ちませんし。水が高いところから低いところへ流れるのと一緒なので日本が低いところと判断されるまで待つより仕方無いんじゃないかなと思います。
[ 2007/12/15 23:13 ] [ 編集 ]

>ナベさん
ご無沙汰です~。
あまりまとまりのない文章なので、自分でも矛盾してるなぁと思う部分はたくさんあります(笑)

最近は、バリュー投資ってのは「将来有望な企業を探しだし、その会社が実際に成長したときに誰かに売りつける」ことに失敗することを避けることでリターンが高くなる投資法だと思ってます。要するにに見掛け倒しのグロース株に騙されないってことですかね。そういう意味ではナベさんの言うとおり、狭義のバリュー投資はバフェットみたいな人になれない凡人向けの投資法なんだと思います。

 ただ、凡人バリュー投資家がそこから一歩踏み出してさらにリターンを高めるためにはただ闇雲に割安株に分散投資するだけじゃなくて、ある程度の出口戦略まで考えるクセをつければもう少し成績が上がるのではないかなぁと思ってます。

 某著名バリュー投資家さんなんかがTOBやMBO銘柄なんかを察知して今年の相場でもそこそこのリターンをたたき出しているのを見ていると、これなら凡人でも訓練すればできそうな気がするのですが・・・。どうでしょうね。
[ 2007/12/15 23:34 ] [ 編集 ]

あぁ、なるほど。

>ただ闇雲に割安株に分散投資するだけじゃなくて、ある程度の出口戦略まで考える
私もこれはとても重要なことだと感じています。自分で思うところがあるのであれば、試行錯誤してみるべきであると思います。
[ 2007/12/16 11:28 ] [ 編集 ]

>ナベさん

理想は先々まで見通した投資なんですけど、現実的には
> ただ闇雲に割安株に分散投資
で、数打ちゃどれかは当たるだろってのが現状ですね(笑。

まだまだ修行が必要そうです・・・。
[ 2007/12/16 15:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/658-1dedb8a6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。