スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『指一本の執念が勝負を決める』

 「賢明なる投資家への道」のKENさん、「Intelligent-investor.net」のcpainvestorさんが書評を書かれていて、興味を持ったので読んでみました。
指一本の執念が勝負を決める指一本の執念が勝負を決める
冨山 和彦

ファーストプレス 2007-06-01
売り上げランキング : 17651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 最近投資系の本よりビジネス書をよく読んでいるような気がします・・・。食傷気味と言いながらも、いい書評を見ると読んでみたくなります。

 内容を乱暴に要約すると、
・優秀なビジネスパーソンに本当に必要な資質は胆力とストレス耐性。
・それを身に付けるために、常にガチンコ勝負でギリギリの環境で勝負しろ。

って感じでしょうか。印象に残ったのは、引用部分ですが、「3日間くらい、寝不足続きに考えたとしても間違いない判断が出せるようでなければ、経営者とは言えない。(後略)」という部分でした。

 これまでの自分のサラリーマン人生(といっても10年ほどですが)を振り返ってみると、私は明らかにメンタルタフネスという点では劣っているように感じます。私が約10年前にほとんど飛び込みのような形で新卒社員として今の会社に入社した頃は社員10人程度の小さな会社でしたが、それが今では数十倍の規模の上場会社になってしまいました。会社がまだ小さい(零細企業といってよいと思います)段階で入社し、その直後から急激に業容が拡大したので20代半ばから後半にかけてある程度責任のある仕事を任されて、右も左もわからないままに10人以上の部下を持った時期もありました。

 そういう状況になれば当然人間関係や業務上の泥臭いトラブルを解決する責任もあるわけで、一時は帰宅しても仕事のことで頭が一杯(そもそもまともな時間に家に帰れなかった)という状況におかれて、途方に暮れてしまっていた時期もありました。そもそも会社として必要な諸制度がほとんど整備されていない状況だったので、ほとんどのことは自分で判断して実行するしかなかないという状況が長く続きました。

 こんな状況が数年続き、30代前半でついに身体を壊してしまい、最前線の業務から外れることになりました。突き詰めて言えば、私にはストレス耐性がそれほど無かったと言うことになりそうです。健康を回復したらまた全力で仕事をしてみたいという気持ちはあるのですが、反面、また身体を壊すのではないか、ストレスに耐えられないのではないかという不安も拭いきれません。
関連記事


[ 2007/08/26 10:49 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(2)

こういう、「たまたま自分が出来た特殊なこと」を全てのビジネスパーソンもやるべきだ、というような主張は、個人的にはどうかと思います。

ストレス耐性は人それぞれ違いますし、耐性があると言われている人たちだって、ストレスは苦しいと感じることに変わりはないはずですから。

ガチンコ勝負でストレス耐性を身につける?
一般化するには、あまりに危険な考えだと思います。

こういうことを言われたら、僕なら、「へー、すごいですねー」と言ってやって、聞き流します(^^ゞ
[ 2007/08/26 23:21 ] [ 編集 ]

>水瀬さん
こんばんは。

私もこの手のビジネス書は苦手なんですが、この本は少しだけ共感できる部分もあるんですよね・・・。「これはもう限界」というギリギリの状況で仕事をしているとそれなりに充実感を感じますし、その仕事が上手くいけば大きな達成感を味わうことができるのも確かだと思います。

ただ、水瀬さんの仰るようにすべての人がそんな仕事を続けて身体と心がもつかどうかは疑問ですし、実際私は途中で脱落してしまったので、これからは状況に左右されず自分の仕事のペースを適度に維持するほうが賢明かなとも思っています(投資を始めたきっかけも、このように考えるようになったからです)。

私は意外とこういう本に影響を受けやすいタイプなので、水瀬さんの、
> こういうことを言われたら、僕なら、「へー、すごいですねー」と言ってやって、聞き流します(^^ゞ
というスタンスが羨ましいです(^^;。
[ 2007/08/26 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/641-793485fb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。