スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『レバレッジ・リーディング』

 ”レバレッジ”シリーズ第2段、『レバレッジ・リーディング』を読んでみました。図書館から借りてきて。
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 732
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ビジネス書の多読法ということで、かなり割り切った読書法が紹介されており、こんな本の読み方もあるんだと感心してしまいました。ビジネスパーソンとして成功したい人や、仕事上ビジネス書を沢山読まなくてはならない人には参考になりそうな本です。

 ただ、この本も前回の本(レバレッジ時間術)と同じように明確な目的を持って多読しないと何の効果も無さそうです。私のように人生に確固たる目的を持っていない(持てない)人にとっては、ビジネス書の多読はあまり役立つことが無さそうです。

 負け惜しみのようにも感じますが、ビジネスで成功することだけが人生の目的ではないと思うので、この手の本はどうも苦手です。人それぞれ生きる目標があるでしょうし、自分がなぜ生きているのか考え、模索しながら生きていくのも大切なことだと思うので、ひたすら成功を目指してまっすぐ進むだけの人生というのは私には受け入れがたいです。

 たまにはゆっくり小説を読んだり哲学書を読んだりすることも大切だと思うのですが、どうでしょう。ビジネス書だけでは得られない教養も大切な人生の一部だと私は思います。
関連記事


[ 2007/08/03 18:21 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(2)

同感

仕事するために生きてる訳じゃないんですから(^^)b
[ 2007/08/03 22:52 ] [ 編集 ]

>水瀬さん
そうですそうです。仕事だけ、投資だけってのは寂しいです。

どんな人生であれば充実した人生と言えるのか、まったく答えはわかりませんが、とりあえずいろいろ考えるしかないかなぁと思ってます。
[ 2007/08/04 19:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/633-0cd9cc5f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。