スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ニッポンの小説-百年の孤独』

 久しぶりに高橋源一郎の本を読みました。しかも文芸評論。何年振りでしょうか・・・。
ニッポンの小説―百年の孤独ニッポンの小説―百年の孤独
高橋 源一郎

文藝春秋 2007-01
売り上げランキング : 126948
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 高橋源一郎の文章は平易なんですが、内容は相変わらず難解です。昔から高橋源一郎の小説も評論も好きだったのですが、いまだによく理解できないまま読み続けています。ただ、普段なんとなく読んでいるいろいろな小説を当たり前のように「理解している」と思っている点に疑問を投げかけてくれるだけでも読んだ価値はあるのかなぁと思っています。

 読んでよくわからない本の感想を書くのは難しいのですが、明治維新以降、日本の近代文学が辿ってきた歴史やそれが生み出したもの、そして小説(散文)の言葉が持つ可能性について真摯に考えている良書だと思います。

 「そんなこと考えなくっても生活に困らないよ」って言われちゃうとそれまでなんですが・・・。
関連記事


[ 2007/05/26 16:59 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/617-f26cd885









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。