スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2月の運用成績

 2007年2月の運用成績は以下の通りとなりました。

2月iFundパフォーマンス:1.50%
2月TOPIXパフォーマンス:1.79%
2月TOPIXアンダーパフォーム:-0.29%
2月JASDAQパフォーマンス:-3.08%
2月JASDAQアウトパフォーム:+4.58%

2007年iFund通算パフォーマンス:7.25%
2007年TOPIX通算パフォーマンス:4.26%
2007年JASDAQ通算パフォーマンス:3.39%

※上記パフォーマンスは、「売買時の手数料込み・税引き後配当を再投資・資金追加時はパフォーマンスを修正・キャピタルゲイン税は考慮せず(現時点ではまだ発生してないので)」という条件で算出しています。
(下のグラフは2005年1月からの累計)

0702.png


※個別銘柄ポートフォリオ
pf0702.png


※今月の売買
売却:
4298 プロトコーポレーション(利益確定)
8008 F&Aアクアホールディングス
買付:
4298 プロトコーポレーション(買戻し)

 2月最終日の株価急落で含み益の数割を失いましたが、月次パフォーマンスはかろうじてプラスでした(今朝の寄付きでは完全に含み益が吹き飛んでいましたが、大引けまでにかなり戻しました)。対インデックス比ではTOPIXとほぼ同じ、JASDAQ Indexには大差をつけました。年初来パフォーマンスはTOPIX、JASDAQ Indexを大きく上回っており、今のところ(といってもまだ2ヶ月ですが)パフォーマンスは堅調に推移しています。
 
 個別銘柄については、プロト(4298)の含み益が+50%を超えたところで利益確定。今日の寄付で大きく株価が下がったところで買い戻し、その後大引けまでに一気に株価を戻したのでいくらかの短期益を得ることが出来ました。今期業績はまだ上振れしそうなので、しばらくホールドしようかと考えています。F&Aアクアホールディングス(8008)については配当と株主優待を確保した時点で損切り。CPを少し大きくして次の四季報発売に備えています。

 今月からイートレードで逆指値が使えるようになったので、含み益が25%を超えた銘柄については5%刻みで逆指値注文を出しています(例:含み益25%を越えた場合、含み益20%を維持出来るラインで逆指値を設定)。ところが、今回のような株価の急落があると、一時的な株価急落でも逆指値が発動してしまうため、今朝は寄付くまでの十数分であわてて逆指値を解除してました。逆指値で発動する注文を”成行”ではなく”指値”にしておけばいいのでしょうが、通常の相場であればそれではあまり逆指値の意味が無さそうに思っています。何か良い方法はないものでしょうか・・・。

 今日の株価急落では持株の寄付の株価が異常に下がり、一時パニック状態になってしまいました。最終的にはなんとか冷静に対処(というかほとんど何もしないだけですが・・・)できましたが、今後も同じようなことが起こりえることや運用金額が徐々に大きくなることを考えると、精神的にもう少し鍛える必要があるように考えています。
関連記事


[ 2007/02/28 23:55 ] 月次運用成績 | TB(0) | CM(6)

ども。

Itoさん、F&Aアクアホールディングス持ってたんですね。

年末に4℃で結婚指輪を買いました。
(何となく自分のブログでは内緒)
ちょっとだけ業績に貢献しました(^^;)
[ 2007/03/03 00:34 ] [ 編集 ]

まいどです。

あら・・・あのエントリはそういう意味だったんですね。おめでとうございます!ちなみに私も結婚指輪4℃で買いましたよ。その頃は投資してませんでしたが・・・。

F&Aアクアについては少し前から割安性に疑問を持ち始めていたのですが、ズルズルと保有したままでした。期末までに少しでも株価が上がれば売るつもりだったのですが、上がらなかったので配当と優待を確保したところで成行で売却しちゃいました。
[ 2007/03/03 11:58 ] [ 編集 ]

どもども。

へえ、Itoさんと一緒だったんだ。何かうれしいです。

F&Aアクアは旧アスティのときに持っていたのですが、
合併&統合のときに手放してしまいました。
優待もあるし1単元なら持っててもよかったなと思っています。
この間、やっと札幌駅中のカフェで優待を使いました(^^)
[ 2007/03/04 18:31 ] [ 編集 ]

おばんです。

> 合併&統合のときに手放してしまいました。
わたしは合併・統合と一部昇格でPBR1倍割れが解消されると思って買ったのですが、うまく行きませんでした・・・。そのままずるずると持ったままだったので、今回処分しちゃいました。

今回の優待はいろいろ選べるみたいですね。
[ 2007/03/04 21:37 ] [ 編集 ]

逆指値

こんにちは。
私には、他の人のスタンスなどに意見する資格は全くありませんが、
逆指値の件、あくまで一つの参考意見として書いて見ます。
私の場合、外国証券会社では普通にストップオーダーの注文ができますし、日本株でもカブドットコムで以前から逆指値をたまに利用しています。

逆指値を使って利確または損切りを自動的に行うことは、今回のような予期せぬ事態のためにあると思っています。
最悪ここまできたら利益や損を確定するために置いておくものなので、下がる理由が大体わかっていて、その理由では売却したくないとき以外では、逆指値を外すことは当初の目的に反する気がするのです。
ですから、迷いがあるうちは逆指値は使わないか、何度か試してみて覚悟が決まったら外さないようにする方が良いと思うのが、個人的な考えです。

急落するときは、1日では終わらないことが多いですし、一旦リバウンドしてもさらに下がることもあります。
私は昨年のライブドアショックの初日の昼に、逆指値を解除したことをかなり後悔しました。まあ、結果的にはそのときに助かっても下がったところで買い戻したと思うので、結果的に後の下落で傷は負っていたとは思いますけど。。

なお、ファンダメンタル重視なら、逆指値は自分の想定する理論価格以上になってから設定する方が良いと思います。
あと、通常の高値-安値の値幅で引っかからないようにする必要があります。もう売ってしまってもいいなら、カブドットコムにあるようなW指値で値幅を狭めに設定すれば、上がっても下がってもどちらかで売却できます。
[ 2007/03/06 18:19 ] [ 編集 ]

参考になります

>Gabbianoさん
コメントありがとうございます。とても参考になりました。実際のところ、今まで一度も逆指値を使ったことが無く(逆指値での約定経験ナシです)、今回イートレードで使えるようになったのでまだいろいろ試行錯誤してるような段階です。

逆指値については、Gabbianoさんの仰るとおり利益や損失を強制的に確定させることを主たる目的としているのでしょうから、それを一時的(と予想される)相場の下げで解除するのは中途半端ですね。実際、今回は下げが数日間続いて、結果的には初日に逆指値が発動していたほうが良かったように思っています。相場の上がり下がりが予想できないからこそ、逆指値に有効性があるように思います。

> なお、ファンダメンタル重視なら、逆指値は自分の想定する理論価格以上になってから設定する方が良いと思います。
これについては、PER/PBRでおおまかなバリュエーションを見て買ってますので、理論価格はまったく計算していません。最低でも20~30%の利益を出すことを目標としていますので、逆指値の設定は、20~30%の利益が乗った時点で設定することを考えています。

また、できる限り利を伸ばしていくことができればと思っていますので(都合の良い考えかもしれませんが・・・)、その時点の利益に応じて逆指値の売り発動ラインを機械的に切り上げていく(もしくはトレイリングストップ注文を使う)ことで、ある程度利を伸ばしていくことが可能なのでは?とも思ってます。その際の値幅設定が難しいですが・・・。

カブコムには口座を持っており、いろいろな注文(TS注文も含めて)が使えて良さそうだとは思っているのですが、とりあえずイートレで逆指値くらいはうまく使えるようになってから(そして運用資金がもう少し増えてから)カブコムの口座を本格的に使ってみようかと考えています。
[ 2007/03/06 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/588-e6407d61









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。