スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フージャースコーポレーション

 いろいろなところで話題になっている(?)フージャース、もともとこの会社にも関連ブログにもまったく関心がなかったのですが、このエントリで久しぶりに目に留まり、ここここを見るとなんだか大変な感じになっているようなので気になってちょっと見てみました。

 まずは株価。この数ヶ月でえらく下がっています。
8907.t.png


 中間決算短信を見てみると、通期業績予想に対する進捗率は、売上高が約33%(前年比+49%)、経常利益が約30%(前年比+69.6%)、純利益が約30%(前年比+69.6%)となっています。それに対して、3Q業績の開示では、売上高が約35%(前年比+0%)、経常利益が約23%(前年比-24.5%)、純利益が約23%(前年比-22.4%)と大きく落ち込んでいます。

 中間決算でも3Qでも、業績に対するコメントでは「売買契約成立時ではなく、顧客への引渡し時に売上が計上されるため、その引渡し時期により4半期ごとの売上高に偏りが生じる傾向があります。」とされていますが、2Qから3Qにかけて売上高が横ばいなのに利益が減少している理由はよくわかりません。(2/21追記:売上高が横ばいであれば、その期間の費用分だけ利益が減少しますね。P/Lを確認してみたら、2Qから3Qにかけて販管費がかなり増加していました。Gabbianoさん、ご指摘ありがとうございました。)

 また、1ヵ月ごとに「営業概況」が契約済戸数ベースで発表されており、販売は順調に推移しているようですが、2Qから3Qにかけて売上高が横ばいなのは、契約は取ったものの物件の引渡しがまったくなかったってことなのでしょうか?

 短信をもっと読み込めば理由は分かるのかもしれませんが、3Qまでの業績を見ると、そこまで調べなくても常識的に考えて通期業績予想を達成するのは無理なように思います。物件の引渡しが1~3月に集中していて、売上・利益計上がこの3ヶ月に集中するとしても、通期業績の経常利益の75%以上をこの3ヶ月で計上できるとは到底思えません。

 仮にこの通期業績が達成されるとすれば、今日の終値で予想PER10倍強、ちょっと買ってもいいかなぁと思ったりもするのですが、下方修正が出てしまえばこの前提も吹き飛んじゃうので、やはりここは手出し無用でしょう。

 ただ、まだ下方修正はないと考えている人が多くいて(もしくは、そう思っていると考えている人が多いと想像している人が多くいて)、短期のリターンリバーサルが狙えるなら、本決算発表までに売り逃げることで利益が出せそうな気もします。面白そうですが、上手くいく確率は恐ろしく低そうです。
関連記事


[ 2007/02/20 17:56 ] 投資 | TB(0) | CM(4)

こんにちは。

フージャースは手出ししたことありませんが、ダヴィンチ共々結構人気でしたよね。
いつかはとは思っていましたが、それは数年後のことで、こんなに早くこういう状況になるとは、全く予想できませんでしたね。
直接面識はありませんけど、以前はブログを読んでいたので、okさんが壊れないか心配ですね。株で短期間で資産を築くとこんな落とし穴もあるのですね。
結果論ですけど、業者転向したタイミングが悪かったということでしょうか。今から思えば、プロの相場師からすると「売り」のタイミングだったみたいですので。

3ヶ月間ほとんど売上げが立たずに売上高が横ばいだと、その間の販管費がかかりますし、買掛の支払いとか借り入れの返済や利払いがあったりするかもしれず、それだけ費用がかさむので、利益は減少するので正しいように思いますが。。。

今の状態なら、株価が上がることを祈っている個人投資家がまだ多く残っているかもしれませんので、下方修正に賭けて空売りした方が、確率的には高そうに思えます。
まあ、自分がやったらたぶん踏み上げられるでしょうし、ここでちょっかいを出すような余裕資金や時間はありませんし、非情な手段をとれるような人間ではないみたいですので、傍観ですけど。
[ 2007/02/20 20:06 ] [ 編集 ]

>Gabbianoさん
コメントありがとうございます。

ダヴィンチもいろいろあって下げましたね。ダヴィンチについてもいろいろ調べてみたいのですが、不動産流動化銘柄とREITはイマイチよくわからないのでコメントするのを止めました。

フージャースは間違いなく”翼の折れたエンジェル”でしょう。okenzumoさんもDAIBOUCHOUさんも、確かに分析力はあるのでしょうが、結果論的にはたまたま運がよかっただけだ、と私は思っています。グロース株の集中投資を素人がマネするのは危険すぎます。

売上横ばいと利益減少の件、確かにGabbianoさんのご指摘の通りです。販管費がすっかり抜けてました。お恥ずかしい限りです。まだまだ未熟ですね・・・。

下方修正見込みの空売りもちょっと想像したのですが、私自身空売り経験(というか、信用取引の経験)がまったくないので、現物買いで利益を出す方法しかうまく想像できませでした。なので、空売りすれば私は確実に踏み上げられると思います(笑。これだけ有名な銘柄でこれだけ状況が混迷してくると、様々な思惑が絡んでファンダメンタルに関係なく株価が上下しそうです。わざわざ投機的な銘柄に手を出す理由はないですね。
[ 2007/02/20 20:29 ] [ 編集 ]

こんばんは。
知るのが遅かったこともあってフージャースを買おうと思ったことはありませんが、個人投資家の間であれだけ人気のある(あった?)銘柄なので関心はあります。
フージャースで成功した個人投資家の方々は投資情報会社を設立したそうですが、フージャースが転けてしまったら会社はどうなっちゃうんですかね。他人事ながらちょっと心配しています。

ついでに、ジム・クレイマーの本の書評、大変参考になりました。エッセンスは吸収できたので、本を買う必要はなくなりました(笑)
[ 2007/03/08 00:16 ] [ 編集 ]

>空色さん
一昨年から去年にかけて急に有名になった個人投資家さん、会社を興した有名投資家さん達は、基本的に一昨年の上げ相場に運良く乗っかっただけなのかなぁと思ってます。その頃投資を始めたにも関わらずその波に乗り遅れたという個人的な僻みもありますが(笑)。これから非凡な運用成績残せれば本物なんでしょうね。

ジム・クレイマーの本、お役に立てて何よりです。興味深い本でしたが、「これは必読書!」って感じの本ではないので、無理に読む必要はないかなと思います。
[ 2007/03/08 16:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/583-604d7ee3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。