スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

e-Taxで確定申告

 今年はe-Taxを使って確定申告をやってみました。まずはe-Tax導入にかかったコストから。

1.住民基本台帳カードの発行とカードへの電子認証データ組込み
 かかった費用は500円。カードは区役所で簡単な手続きを行えば発行してもらえるんですが、「公的個人認証サービス(電子署名)」のカードへの組込みが結構めんどくさかったです。

2.上記カードの電子署名を認識するためのカードリーダ
http://www.coden-mall.ntt.com/shopping/shop/jpki/goods/goods.aspx?goods=3923
 ここで購入しました。費用は約3,500円。「公的個人認証サービス対応ICカードリードライタ」としては多分一番安いのではないでしょうか。カードリーダ自体は簡単にPCに接続できました。

 昨年末までに電子申告に係る諸手続きと、e-Taxソフトのインストール等の環境を整え、1月半ばに証券からの取引報告書が届きだしたところで、ネット上で確定申告を開始しました。ということで、諸手続きにかかった時間を除いて、e-Tax導入にかかった金銭的なコストは約4,000円でした。

 今回の確定申告の目的は3つ。

1.株式の譲渡損失の繰越
 これについては、各証券会社からの「特定口座年間取引報告書」の到着を待って、譲渡損失の合計(去年は結構損してます・・・)を来年以降に繰越。

2.医療費控除
 パニック障害による通院や妻の妊娠で結構な医療費がかかったので医療費控除を申告。もともと住宅借入金等特別控除で給与からの所得税は一銭も払っていなかったのですが、住民税を少しでも減らすために、ついでに申告を行いました。でも領収証の明細作成など、これが一番手間かかったかも・・・。

3.未上場株式配当金の所得税還付
 未上場株式(持株会株式)の配当金から源泉徴収された所得税(税率20%)を住宅借入金等特別控除の残り枠を使って還付請求。三千数百円ですが、ついでだったので申告書に加えておきました。

 これらの申告データを作成、送信したのが1月19日、電子申告で送信できない源泉徴収票や取引報告書、医療費領収書などを郵送したのが1月25日前後。これらの書類の郵送については、e-Taxによる申告の登録をしている場合、管轄税務署から郵便代税務署持ちの専用封筒が送られてきました。このお陰で少し郵便代が浮きました(笑。

 で、すべての手続きが完了したようです。こんな感じ。
20070210038.jpg

 ということで、申告日が1月19日で、還付手続き開始日が2月9日となってます。来週中には三千数百円が戻ってきそうです。これでe-Tax導入コストはほぼ取り返したし、来年以降はめんどくさい事前手続きも必要ないので簡単に確定申告できそうです。

 ただ、転勤などで引越しが多い方は、住所が変わるたびに管轄税務署の変更や公的個人認証サービス(電子署名)の手続きを行わなくちゃいけないので、多少めんどくさそうな気もします。
関連記事


[ 2007/02/10 19:36 ] 投資 | TB(0) | CM(9)

tst

e-Taxで申告なされたんですか。私も昨年検討しましたが、思いのほか面倒なので、断念しました。そろそろ私も申告書を作成しなくてはなりませんが、今年も郵便書留で申告書を送付することになりそうです。
[ 2007/02/12 01:33 ] [ 編集 ]

本当にめんどくさいです・・・

お役所相手の手続きは本当に面倒ですね・・・。昨年末はパニック障害の症状が悪化しており、会社を休んで自宅療養していて暇だったのでe-Tax導入の諸手続きに時間をかけることができました。

一度導入してしまえばかなり楽になるような気がします。将来的に居住地が変更になる確率が少ないなら、一度手続きしてみる価値はあるかもしれません。
[ 2007/02/12 02:10 ] [ 編集 ]

ご参考

e-Tax普及のため、2007年と2008年のいずれか一回に限って、
住民基本台帳カードを取得、電子署名をしたうえで申告すれば、
5000円が控除されるそうです。
(出典:週刊ダイヤモンド2月17日号)
[ 2007/02/13 23:53 ] [ 編集 ]

確定申告

私も配当金の申告をしようと思っています。
国税庁のホームページでe-Taxのことを見ましたが、けっこう時間も手間もかかって、めんどくさそうですね。
一度導入してしまえば、楽になるのでしょうけど。
今年は手書きして、税務署に郵送することになりそうです。
[ 2007/02/14 00:36 ] [ 編集 ]

>水瀬さん
おお、そんな特別控除があるとは知りませんでした。

でも住宅ローン控除で所得税を目一杯還付されているので、
もう返してもらう税金(国税)はないんですよね・・・。


>T&M2006さん
ほんと面倒なんですよ。病気休暇中じゃなかったらやってなかったと思います・・・。

手書きよりもこちらの方が楽かもしれませんよ。
https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm
国税庁の確定申告書作成コーナーです。
プリンタさえあれば申告書の作成はかなり楽になると思います。
[ 2007/02/14 07:27 ] [ 編集 ]

情報ありがとうございます。

税務署で書類もらってきたんですが、そっちの方が楽そうですね。
[ 2007/02/15 12:57 ] [ 編集 ]

お伺い

はじめまして
お伺いしたいのですが

>管轄税務署から郵便代税務署持ちの専用封筒が送られてきました。

とのことですが、これはなかなか書類がこないので税務署が
送ってきたということなんでしょうか
[ 2008/02/29 12:20 ] [ 編集 ]

>sadakoさん
はじめまして。

昨年まではe-Taxの申告でも源泉徴収票や医療費の領収書、特定口座年間取引報告書などの提出が必要でしたので、e-Taxの手続きをした人には、それらの提出書類を税務署に送付するための専用封筒が管轄税務署から送られてきたようです。

今年からはe-Taxによる申告については、これらの書類の提出を省略できるようになったためか、提出書類送付用の専用封筒は送られてきていません。
http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/tennpu.html#Link1

今年のe-Taxの確定申告についても近いうちにエントリを書こうと思っていますが、今回の確定申告では提出を省略できる書類は一切税務署に送っていません(源泉徴収票や医療費領収書など)。そのうち税務署から送ってくれと言われるかもしれませんが、今のところe-Taxのデータを送信しただけであとは放置してます(笑。
[ 2008/02/29 23:10 ] [ 編集 ]

Ito様

ご丁寧にありがとうございます!
がんばってやってみます☆
[ 2008/03/04 09:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/579-c6d9d4a3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。