スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『外国人投資家』

 『外国人投資家』を読了。
外国人投資家外国人投資家
菊地 正俊

洋泉社 2007-01
売り上げランキング : 4982
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 四季報の大株主欄でよく海外の資産運用会社の名前を見るのですが、それらがどんな会社なのかほとんど知らなかった私にとってはとても興味深い本でした。

 「外国人投資家」の定義とはなにか、彼らの日本市場における売買シェアや株式保有比率、運用スタイル、外国人投資家が好む銘柄や、彼らが日本の政治や経済を見る視点などなど、海外の資産運用会社がどのような存在なのかがわかりやすく書かれています。

 特に参考になったのが最終章の海外大手資産運用会社の紹介でした。『四季報』大株主欄や大量保有報告書などでよく見る資産運用会社が約50社程度、簡単に紹介されています。私でも目にしたことがあるところでは、フィデリティ、キャピタル、AIG、バンガード、T・ロウ&プライズ、JPモルガン、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、カルパース、UBS、クレディ・スイス、ドイチェ、インベスコ、BNPパリバなどなどが紹介されています。

 この本を読むまで北米系なのか欧州系さえ知らなかった運用会社も多く、勉強不足を痛感してます。割安株投資を運用スタイルとしている会社も多く紹介されており、早速四季報CD-ROMでそれらの会社がどんな銘柄を持っているのかスクリーニングして、こんな銘柄買ってるんだなぁなどど感心しつつ、あっという間に数時間を過ごしてしまいました。

 また、キャピタルについては、『敗者のゲーム』のチャールズ・エリスが書いた『キャピタル 驚異の資産運用会社』が書棚に眠ったままになっているので、近いうちに読んでみようと思っています(と思っている本が他にも十数冊・・・)。
関連記事


[ 2007/02/06 21:45 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(6)

「キャピタル」僕も読みましたよ。
キャピタルはアクティブファンドで有名な超大手の独立系資産運用会社なのですが、僕はこの本をインデックスファンド推奨派のチャールズ・エリスが書いたこと、そして前書きを同じくインデックス推奨派のバンガードの現CEO(記憶が違ったらごめんなさい)が書いていたことに驚きました。

[ 2007/02/07 21:17 ] [ 編集 ]

vanillacokeさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

手元にある『キャピタル』をちょっと読んでみました。”まえがき”は、かの『ウォール街のランダムウォーカー』のバートン・マルキールでした。同じインデックス派で他の本と記憶が混ざっちゃったのかもしれませんね。

バートン・マルキール自身がパッシブ運用派の自分がなぜこの本の”まえがき”を書き、チャールズ・エリスがなぜこの本を書いたのか、その理由を書いてました。その理由は以前水瀬さんのブログで書かれていたアクティブ運用とパッシブ運用に関する記事に内容が似ているような気がします。

まだほんのさわりの部分しか読んでいませんが、なかなか面白そうです。いつ読み終わるかわかりませんが(笑。
[ 2007/02/07 23:46 ] [ 編集 ]

恥ずかしながら、僕は以前、チャールズ・エリスの「キャピタル」を予約までして図書館から借りてきたのに、最初の10ページくらい以降、どうしても読むことができず、そのまま返してしまったことがあります。

今にして思えば、アクティブ運用とパッシブ運用に関する内容であったなら、読んでおけばよかったかも…(^^ゞ
[ 2007/02/07 23:49 ] [ 編集 ]

チャットみたいなコメント欄・・・

水瀬さん、こんばんは。
今日は私とシンクロでしょうか?(笑

この本、アマゾンの書評でも登場人物が多すぎてわかりにくいって意見がありますね。私は登場人物がわからなくなっても無視して読み続けるという荒業(笑)を使うので、半分くらい理解できなくてもなんとか読めるのではと思ってます。

それにしても、SPAの取材の件すごいですね!!!
[ 2007/02/07 23:53 ] [ 編集 ]

>Itoさん
あ、バートン・マルキールさんでしたか、失礼しました。
じゃあバンガードの現CEOが前書きを書いているのは「敗者のゲーム」だったかも・・・

読書といえば、僕は子供の頃から漢字を飛ばして読むクセがあって、今でもそうなんですけど、小説なんか読むと登場人物が全然分からなくなって困ってしまいます。
漢字だけではなくて、基本的には固有名詞も飛ばして読む事が多いのでとにかく本を読んでも頭に入りません(笑)

>水瀬さん
ところで、水瀬さんこんどはSPAですか。解された号が店頭に並ぶときにはお知らせください。
頑張って漢字も読んでみようと思います。
[ 2007/02/08 23:33 ] [ 編集 ]

>vanillacokeさん
私は逆ですね。漢字の人物名・固有名詞はイメージとして捕らえやすいので覚えやすいのですが、横文字の人物名はなかなか頭に入りません。

やたら登場人物が多い海外の小説はすごく苦手デス・・・。それでも荒業で無理やり読むんですけどね(笑。
[ 2007/02/09 13:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/576-a0a0659e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。