スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

碧い目の投資家さん達の動向とスクリーニングの改良

 いよいよクリスマス。水瀬さんのようにテンプレートを変更してブログの雰囲気を変えようかと思いましたが、途中で面倒になり、TOP画像一枚追加で済ましてしまいました(笑。
 
 やっと体調も回復してきましたので、投資関係の記事を書こうと思います。

 四季報新春号発売以降、3711 創通エージェンシー、6918 アバールデータ、7460 ヤギの買付けを行いました。どちらも指標で判断して割安であることや今期決算が好調そうであることが買付けの理由です。有報はチェックしてません。四季報の財務データと、過去の開示情報だけさくっとチェックした程度です。定性分析をやらないならこの程度で十分かなぁと考えています。それよりも本業で上場準備に向けた目論見書(有報)の作成の手伝いを行っており、体調不良も相まって人様の会社の有報までじっくり読む余裕がありません(って今は会社休んでますが・・・)。

 また、新しい四季報が届いたついでに、過去のスクリーニングに新しい項目を追加してみました。参考にした記事はこちら従来の条件式で割安株を抽出するさいに、碧い目の投資家さんの動向も一緒に計算してしまおうという目算です。

 条件式は、[外国人持株比率(%)(-1)]-[外国人持株比率(%)(-2)]、これで、スクリーニングで抽出した各銘柄を、碧い目の投資家さん達が売ってるのか買ってるのかおおまかな動向は見えそうです。これも機械的(適当な?)銘柄選択の際の一助になるのではないかと考えていますが、あまりにも碧い目の投資家に買われすぎてる割安株はすでに仕込済みでおいしい部分は残ってないかもしれません。 

 最近PFに組み込んだ銘柄の中では、3376 オンリーの外国人持株比率が前期比21%増。4298 プロトコーポレーション、9824 泉州電業で各約数%程度増となっていました。果たしてこれが吉か凶か、経験の浅い私にはまだわかりません。

 それにしても、私がPFに組み込んでいるのは主に時価総額300億円以下の小型株で、時価総額が100億円未満の会社も含まれているのですが、こんなところまで碧い目の投資家さん達の手が伸びてきているとは驚きです。
関連記事


[ 2006/12/23 23:59 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/542-f18a5a5b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。