スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PDカウンセリング 1回目

 週末に、うつやパニック障害を専門とする小さな心療内科で軽いカウンセリングと現在の治療方法についてのセカンドオピニオンを受けてきました。

 要点をまとめると、

 PDの完治率は60~80%と高いが、完治後の再発率が60%程度あるものと考えられる。PDの治療は薬物療法の他に、行動療法認知療法等を用いて完治を目指す。また、精神分析療法によりPDを発症しやすいパーソナリティを改善し、PD再発防止策を行う。これらの治療を効果的に行うには医師と患者の間の信頼関係を築くための密なカウンセリングが必要不可欠である(実際に、このときのカウンセリングは1時間以上に及びました)。
 一方、総合病院内の心療内科・神経精神科などは、PDを専門とする医師がいないことが多く、診る患者数も多いことからカウンセリングの時間が短く、薬物療法中心でパニック発作を抑えることを最優先としており、その後の完治までを考えるといろいろ問題があるかもしれない。

 とのことでした。

 2年半通ってきた病院ではひたすら薬物療法ばかりで、その後の治療方針については詳細な説明を受けていません。一度今通っている病院の医師に治療方針を確認してみるべきかと考えています。

 と、そうこういっているうちにもどんどん体調は悪化しており、極度の不眠症、不眠症による精神的な疲労の積み重なりなどから、今日久しぶりにデカイ発作が出てしまいました。久しぶりの発作でかなりきつかったんですが、今はひと段落しています。

 この数週間の体調不良と今日の発作を考えると、すでに会社での通常業務はまともにこなせそうになくなってきてるよう思われます。そろそろ完治に向けて、この病気に対する考え方を改めて、長期休職、医師の選択等、これからどうやってPDを治療していくのか軌道修正して本気で完治を目指さないと同じことの繰り返しになりそうです。
関連記事


[ 2006/12/17 00:09 ] うつ病とPD | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/12/17 20:29 ] [ 編集 ]

ほんと心の問題は難しいです。病気や怪我の方が症状や治療経過がはっきりしていていいですね。とはいっても病気も怪我も無いに越したことは無いのですが(^^;)。

PDに関しては、完治する可能性が高いらしいので早く医師に掛かって、正しい診断と治療を受けるのが一番良いのではと思います。
[ 2006/12/19 13:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/537-b54a9629









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。