スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中年の主張

 最近なんとなく考えていることをつらつらと書いてみます。

一定レベル以上のファイナンスの勉強は株式投資の運用成績には結びつかないんじゃなかろうか?
 決算短信読んでも内容がさっぱりわからんってのは問題外でしょうが、有報の脚注まで完全に理解できるからと言って運用成績が良くなるとは限らないんじゃないかなぁと思います。
 いろんな方法で「理論株価」なんてものを計算してみても、しょせん株式を売買するのは非合理的な判断を下しがちな人間なわけですし・・・。また、余計な理論武装のせいでかえって柔軟な判断ができなくなったりしそうな気もします。いわゆる「理屈倒れ」ですね。

個別株投資をやるなら対象は日本株に絞った方がいいんじゃないか?
 語学が堪能で、それぞれの国の事情に明るいならどの国の個別株でも投資対象になるかもしれませんが、わざわざ他人の狩場に出かけていかなくても、そこそこの時価総額の市場が目の前にあるのなら、そこに資金と労力を集中する方が賢明なように思います。よく知らない市場や投資対象で大事なおカネを失うのはもったいないです。勉強のためならいいでしょうが。
 また、外国株の場合は損益が為替の影響の受けるので、最終的に利益を得るまでの過程が複雑になりそうな気がします。絶対利益を追求するために個別株投資を行うなら、為替などのリスク要因をわざわざ抱える必要性がないように感じます。
 
インデックス投資と個別株投資の投資戦略の違い。
 インデックス投資を行うならできる限り広範囲の市場と複数の投資対象に分散して資産を配分し、資産を減らさない(ファイナンスで言うところのリスクを極力減らす)ようにすべきだと思います。
 インデックス投資は広く浅く分散することで資産を減らさないことが最優先。個別株投資なら自分が最も得意な分野で、ある程度のリスクをとりつつ、なおかつそのリスクをコントロールして絶対利益を追求するのが最優先。と、はっきり区別して考えるべきだと思います。

センスのない人間は企業や事業の将来性(成長性)を分析対象にするべきではない。
 私のことです(笑。
 非凡な経営センスを持っていて事業の将来性を語れるなら、おそらくすでに事業家として成功しているでしょう。バフェットがこれに該当するのかもしれませんが、個人的にはバフェットは投資家ではなく事業家じゃないかと思ってます。
 凡人は過去の実績と近い未来のある程度確実性のある予想を元にチマチマと投資判断を下すべきだと思います。テンバガーなんて夢のまた夢・・・。

 書いててさみしくなってきましたので止めます(笑。
関連記事


[ 2006/11/11 01:35 ] 投資 | TB(0) | CM(4)

ほぼびったし

考えてること一緒っす。
知識はあるに越したことはないけど血眼になる必要ってまるで無いよね、と思ってます。理論株価にいずれは評価され得ると言っても、市場参加者がそれより皆甘い見積もりをしているか否かなんてわからないワケで。

個別株投資に関しては外国株ができるようになりたいと思ってますねー。日本の景気が減速し続けるときが来たら買いで儲けるのは自分には無理だと考えてるので。もっとも言語の壁とか四季報みたいなツールが無ければ恐くてできないって問題はあるんですが。
[ 2006/11/11 20:34 ] [ 編集 ]

よかった・・・

今回のエントリ、かなり勝手に思いつくまま書いたので、もっと否定的なコメントが来るんじゃないかと思ってました(笑。

理論株価についてはほんとに意味無いなぁとつくづく思います。一部上場の主力銘柄と時価総額数十億円の新興小型株を同じ方法で理論株価の計算をするってのがそもそもおかしいんじゃないかと思ってます。よく証券会社や雑誌なんかで理論株価が○○円なんて書かれたりしますが、新興小型株がその理論株価まで買われることはほぼあり得ないと思ってます(よほど成長性があるのなら別かもしれませんが)。

私も四季報CD-ROMのようなツールがあるのであれば外国株を買ってみたいと思うときはあります。どうせ定性分析なんて当たらないなら株価指標と財務データのスクリーニングだけで銘柄選択は出来るでしょうから。この際英語のアニュアルレポートも無視しちゃうってことで(笑。

ただ、外国株を始める前に空売りの勉強をするほうが優先かなぁと思ってます。もっと経験を積んでからということになるでしょうが・・・。
[ 2006/11/11 22:17 ] [ 編集 ]

基本的に賛成ですがちょっと一言

コメントしていない部分は賛成と考えてください。

1.「注記」
バフェット流の場合、注記が読めることは最低条件です(十分条件ではありません)。グレアム流の場合、注記まで読み込む必要はないようにも思えますが・・

(2)経営センス
センスは磨くもの。努力すればそれなりのセンスは習得できると思います。私はそう考えて、いろんな企業の有報を読んだり経営学を勉強したりしています(笑)
[ 2006/11/15 01:11 ] [ 編集 ]

経営センス

>空色さん
毎度です!

(1)注記
これについては、空色さんの仰るとおりだと思います。グレアム流でも、財務の詳細な分析は必要ですので、出来る限り会計の知識を深めておくべきだと思います。ただ、普通のサラリーマン(企業の財務担当者や会計士を除く)であれば時間的な制約を考えると、短信が読み込める程度でもいいのではないかとも思ってます。投資以外のことも楽しみたいので(笑。

(2)経営センス
この部分については、私と空色さんとの個別株投資への考え方の一番大きな違いなんでしょうね。
私の場合、もともと定性分析が苦手で、それぞれの企業のビジネスモデルがイマイチ理解できないことや、経済のマクロ要因や企業の将来を予想することはチャートで株価を予想するのと同じくらい困難なことだと考えていることから、出来る限りこれらを排除した方法論を模索しています。
この辺りの考え方は、個別株投資における分散投資と集中投資の議論の内容に似ているかもしれませんね。
[ 2006/11/15 09:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/520-de6abd24









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。