スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『証券分析』 8

 『証券分析』読書メモ。最終章です。

第52章 マーケット分析と証券分析
「チャートリーディングは科学ではないし、それによって成功し続けることはあり得ない。」
 もしこれが科学とすれば、それによる結論は原則として信頼できるものだということになる。仮にそうだとすれば、明日や来週の価格変化をだれもが予測し得るということであり、つまり、正しいタイミングで売買すれば全員が継続的に利益を得られるということになる。これは絶対あり得ない。

(メカニカルなマーケット予測の第二のタイプ)さまざまな経済的要因を表す指標を作り出し、これらの指標の変化を観察することでマーケットの差し迫った変化を予測するという手順で行われる。~中略~これらすべてのシステムの必然的弱点は、時間的要因にある。例えば「金利が高いといずれマーケットは急落するだろう」という予測をするのは安易かつ安全である。問題は、それがいつになるか、ということだ。この問題に科学的に解答を下すのは不可能だ。

(証券分析と比較したときのマーケット分析の劣位性)証券分析では、不測の事態に対する防御ということに最大の重点が置かれる。その根底にあるのは、たとえその証券が結果的に思ったより魅力のないものだった場合でも、その投資は納得のいくものになる可能性がある、という考え方である。マーケット分析には安全余裕率(安全域)などどいう概念はなく、正しいか間違っているかのどちらかであり、もし間違っていたとすれば虎の子を失うのだ。

 マーケット分析のほうが証券分析よりも簡単に思えるし、手早くより大きな利益を得られる可能性もある。まさにこのことが原因となって、長期的には期待外れの結果となる公算が大きいのだ。ウォール街にもそれ以外の場所にも、一攫千金のための確実な方法など存在しないのである。



 グレアムは最終章で、証券分析(=割安株投資?)は賢明な投資家にとって、より成功しやすい分野であると述べています。この本が出版されてから70年以上経っていますが、いまだにマーケット(テクニカル)分析による投資手法が衰退しないのは不思議な気がします。テクニカル投資には何か人の心を掴んで放さないような魅力があるのでしょうか・・・。テクニカル分析はまったく勉強していないので私にはわかりません。

 グレアムのこの1934年版『証券分析』以前にこのような投資手法が提唱されていなかったとすれば、この本が「投資家のバイブル」といわれる理由がよくわかるように思います。これまでとメモとして引用した文章は、私が今まで読んできた投資関連の書籍のどこかで読んだことがあるような文章ばかりだったような気がします。バリュー投資を志すならとりあえず一回は読んでおくべき書籍かと思います。

 ちなみに、ページ数は多い(954ページ)ですが、活字は意外に大きいですし、読み飛ばしてもかまわない章もいくつかあるように思います。グレアム信者ならきっちり全部読むべきでしょうが(笑。本の厚さと重さが敬遠される理由のように感じます。まだまったく手を付けていないマッキンゼーの『企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践』に比べれば、まだ敷居は低いと思います。

証券分析 【1934年版第1版】証券分析 【1934年版第1版】
ベンジャミン・グレアム デビッド・L・ドッド 関本 博英

パンローリング 2002-09-30
売り上げランキング : 61411
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 多少お値段は張りますがお薦めです!
関連記事


[ 2006/11/08 21:19 ] 『証券分析』 | TB(0) | CM(2)

お疲れさまでした。

「賢明なる投資家」とフィッシャーの「『超』成長株投資」は読みましたが、「証券分析」は未読です。Itoさんが過去のコメント欄で内容がやや古い部分があると書いていましたが、それでもお薦めですか?
古くてもお薦めということなら年末年始に読んでみたいと思います。
[ 2006/11/09 10:23 ] [ 編集 ]

まいどです。

『証券分析』で取り上げられている個別企業のP/LやB/Sの分析に関する記述は内容が古過ぎてあまり参考にならない部分もあるように思います。

ただし、株式投資に関する考え方という観点でみると、この本に書かれていることは今でも充分に通用する部分があると思いますので、読んで損はないと思います。

アマゾンの商品説明でも次のような一文があります。
「本書は不確実な未来にいたる時の経緯という試練にも耐えられるだろう」。この『証券分析』がいまだに読み継がれているという事実そのものが、その言葉の真実さをはっきりと証明している。

あと、個人的に株式投資(とくにバリュー投資)を行うものとして、「この本は必ず読んでおくべき」と思っていましたので、自己満足という点もかなりあるかもしれません。
[ 2006/11/09 20:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/519-6bb3987c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。