スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ゲド戦記』外伝

 『ゲド戦記』に関するエントリーは、多分これで最後になると思います。
ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝
アーシュラ・K・ル=グウィン 清水 真砂子

岩波書店 2006-05-11
売り上げランキング : 5832
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 その名の通りゲド戦記『外伝』ですが、この本の中に含まれる「トンボ」は4巻と5巻をつなぐ重要な物語となっています。また、著者による「まえがき」で語られる「ファンタジーの商品化」を読むと、著者がなぜ「ゲド戦記」の4巻以降を書いたのかがわかるような気がします。

 もうひとつの読み所は最後の「アースシー解説」。『指輪物語』に比べれば、その世界観はそれほど複雑でも緻密ではないかもしれませんが(なにしろ『指輪物語』では追補編1冊で世界観が解説されるくらいですから・・・)、アースシーは『ゲド戦記』という物語を収めるには充分な奥行きのある世界だと思います。

 さて、ここまで幾つかのエントリーで『ゲド戦記』に関する感想(というか、ただのストーリー解説?)を書いてきましたが、改めて読み返してみると、私の拙い文章力ではこの物語の魅力を充分に伝えられているとは到底思えません。以前『指輪物語』を読んだときには、その緻密な世界観と壮大な物語に感動したのですが、『ゲド戦記』で語られる単純な善悪二元論では片付けられない物語は、『指輪物語』ほどのスケールはないものの、考えさせられることの多い示唆に富んだ物語だと思います。まだ読んでいない方には是非読んで欲しいと思いますし、読んで後悔することは絶対にないと思います。


 ところで、宮崎吾朗氏の「ゲド戦記」について原作者がコメントを出しています(翻訳はこちらが一番わかりやすいと思います)。映画「ゲド戦記」にはかなり失望されているようです。アメリカで放送されているテレビドラマに関しても言及していますが、もともとこの物語は『指輪物語』と違って、映像化には向いていないと思います。褒められているのがゲド役の菅原文太の声と「テルーの唄」だけですが、私も同感です。
関連記事


[ 2006/08/18 21:11 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/472-92a51e5c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。