スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『村上龍文学的エッセイ集』

 久しぶりに図書館から村上龍のエッセイ集を借りてきました。1~2日で軽く読み流せるかと思ってたんですが、予想外の大部で読み終えるのに結構時間がかかりました。
村上龍文学的エッセイ集村上龍文学的エッセイ集
村上 龍

シングルカット 2006-01-11
売り上げランキング : 50485

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 文学・自身の作品・教育・経済・世界(サッカー)などのテーマに分けられたエッセイが約170タイトル掲載されています。かなりマニアックな出典のエッセイも収録されており、こんな文章も書いてたんだ~っていうものもありました。

 印象的だったのは村上春樹との出会いについて書かれたエッセイや、自身の家族(妻・姉・息子など)が登場するエッセイでした。過去に読んだ村上龍の小説、エッセイでは家族の影がまったく見えなかったので、家族について触れる文章を書いているのは意外でした。ちなみに、このエッセイ集の中で「自分の一番大切なものは作品にしない」といった主旨のことも書かれています。

 しばらくチェックしていないうちに、こんな本も出ているので近いうちに読んでみようと思います。
「個」を見つめるダイアローグ「個」を見つめるダイアローグ
村上 龍 伊藤 穰一

ダイヤモンド社 2006-05-26
売り上げランキング : 421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


[ 2006/06/18 18:20 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/421-018c8ee0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。