スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

7855 カーディナル

7855 カーディナル
(1)事業内容及び特色
会員証、IDカード、ICカード等のカード製造。販売は代理店経由。顧客管理システムなどの開発も行っている模様。竹田翁銘柄。


(2)基本データ
card1.gif

この数年売上・利益共に横ばい。有利子負債はそれなりにありますが、株主資本比率は50~60%で推移しており、長期借入金以外の固定負債も無いようなので、財務は比較的健全かと思います。

card2.gif

棚卸資産に関しては3Q時点の数字を入れていますので、今期末には正常な数値に落ち着くと思われます。

card3.gif

有報をチェックしたところ、04~05年度にかけて、カード増産のために設備投資を行っています。今期は大規模な設備投資は行わないようです。3Q時点でかなりキャッシュが積み上がってます。

card4.gif

見てのとおり、利益率はかなり高く、安定して推移しています。同業他社との比較を行っていませんが、製造業で税引後の利益率が10%超って会社はそうそう無いのではないかと思います。

card5.gif


株主資本比率が上昇傾向にあるので、ROEは下降気味ですが、ROAはほぼ横ばいなので、問題はないと思います。

(3)各種指標(2/16終値より)
PER:15.03倍
PBR:1.59倍
PCFR:8.86倍 ※
PFCFR:51.07倍 ※
C/R:7.32% ※
(※)PCFR・PFCFR・C/Rの算出には独自の計算方法を採用しておりますのでご注意ください。また、それぞれの数値は「四季報CD-ROM」のデータから自動計算しておりますので、実際の数値とは若干のズレがある可能性があります。

(4)コメント
カード製造専門ということで、特に急成長が見込める要因はないでしょうが、逆にカードの需要が極端に減るという事も無いと思われます。有報には参入障壁の低さがリスク要因として挙げられていますが、実際には多品種小ロットへの対応で高い利益率を維持しているようです。

問題点としては、ヘラクレス市場の超小型株(時価総額約20億円)で、あまりにも地味(?)すぎること(今日の出来高は200株!)。最新式カードの生産に対応するために定期的な設備投資が必要なこと等が挙げられると思います。あと会社サイトでのIRがショボ過ぎます(決算公告のみ)。まぁ時価総額20億の会社で一流企業並みのIRサイトは期待しませんが、せめて短信くらいはUPして欲しいです。短信を適時開示情報でチェックしようにも、ごく最近まで大証は独自の開示システムで短信等の開示していたので、短信を探し出すこと自体が大変でした。ちなみに、大証独自の適時開示システムしかなかったころ、カーディナルの中間決算短信をDLしたらWordファイルでした。PDF全盛の時代に、未だに開示資料がWordってどうでしょ?(w。

各指標を見る限りでは、現在の株価は高くも無く安くも無くといったところかと思われます。PCFRで見ると割安に見えますが、実際は設備投資によるキャッシュの流出が多いので収益率の高さの割にはキャッシュフローが良くないようです。また、ネットキャッシュがほとんど無いので、収益バリューから妥当株価を計算すると大体1,200円くらいが適当かなぁと考えています。

この記事は特定銘柄への投資を推奨するものではありません。個別銘柄への投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
関連記事


[ 2006/02/15 23:50 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/315-00c1f855









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。