スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新規銘柄開拓

四季報のスクリーニング条件式をちょっと変更して、資産・収益バリューを総合的にみて割安で、なおかつ低PBR(目安として1.2倍以下)で、PFに組み込み可能な単元価格の銘柄を探してみました。
(バリュエーション算出の条件式とPBRの条件式を組み合わせて、機械的に幾つかの銘柄を抽出しています)

9966 藤久
4551 鳥居薬品
1788 三東工業社
1723 日本電技
7416 はるやま商事
6411 中野冷機
7561 ハークスレイ
2719 キタムラ
4782 オリエンタルコンサルタンツ
9955 ヨンキュウ
4843 三幸
9760 進学会
9408 新潟放送
9402 中部日本放送

(順不同)
Yahoo!ファイナンスで確認

こうやって書き出してみると、低PBRで、資産・収益バリューでそれなりの割安感がある銘柄は、今の時点であまり業績が良くない企業が多いようです。バーゲン品の残り物って感じですね・・・。
関連記事


[ 2006/02/01 22:02 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/304-fadb7d21









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。