スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四季報CD-ROMの”最新株数”データ

今日からやっと”最新株数”がダウンロードできるようになりました。
早速データをダウンロードしてチェック。ちゃんと最新株数のデータが入ってました!

今まではずっと[最新発行済株式数(千株)]を使って、
[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・当期利益(-1)]*1000)/[最新発行済株式数(千株)])
[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・株主資本(-1)]*1000)/[最新発行済株式数(千株)])

といったスクリーニング式でPERやPBRを算出していたのですが、今後は[DL・最新株数(株)(-2)]を使うことで、低PER・PBR銘柄の検索時に割高な分割銘柄が入り込んでくるのを防ぐことがでそうです。

というわけで、早速今まで使っていたスクリーニング式を作り直していたんですが、結構めんどくさい・・・。[最新発行済株式数(千株)]が千株単位だったので、[DL・最新株数(株)(-2)]も千株単位だろうと思ってたんですが、データをチェックしてみたら1株単位まできっちりデータに入ってました。

よって、[DL・最新株数(株)(-2)]を使って、PER・PBRを算出するためには、下記のようなスクリーニング条件式を組まないとダメです。
[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・当期利益(-1)]*1000000)/[DL・最新株数(株)(-2)])
[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・株主資本(-1)]*1000000)/[DL・最新株数(株)(-2)])

でもって、キャップレートやら修正PER、PCFR、PFCFR、一株あたりのネット・キャッシュ等の条件式なんかも全部同じ要領で修正したんですが、かなり面倒でした。あと、株数は正確なんですが、[連・株主資本(-1)]や[連・当期利益(-1)]は百万円単位なので、PERやPBRの算出時にどうしても±0.1ポイント程度の誤差が出てしまいます。まぁ、これくらいは我慢できる範囲でしょうが・・・。

ということで、数時間かけてすべてのスクリーニング条件式を修正して、久々にスクリーニングしてみたところ・・・、ちょっと前まで少しは残ってた割安な銘柄はほぼ全滅。この前決めた買付けルール(PBR1.2倍以下等々)の条件に合い、なおかつ有望そうな銘柄はほとんど無くなってしまっていました。さて、どうしたもんでしょうか・・・。
関連記事


[ 2006/01/06 11:58 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/277-4bb8aa46









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。