スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門』(橘玲著)読了。
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
橘 玲

幻冬舎 2002-11-26
売り上げランキング : 25647
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前から飛ばし飛ばし読んでたんですが、『マネーロンダリング』を読了後、初めからきちんと読み直しました。

この本、平均的なサラリーマンが読むと確実に悲しい気持ちになると思われます。サラリーマンの源泉徴収や社会保険料、マイホームの取得に生命保険。お金持ちになれない方の要素をきっちり押さえてる私って一体・・・。株式投資で多少資産を増せたとしても根本的なところで間違えているような気がします。かと言って、私には自営(自由)業が向いているとは思えないし・・・どうしたものでしょうか。

このまま日本に住み続けて、これだけの税金を取られた上に、どう考えても取り戻せない社会保険料を払い続けるくらいなら、今のうち海外に移住しちゃおうかなぁなんて本気で考えてしまいます。

多少年収が減るのは覚悟のうえで香港で仕事を探して、7年間頑張って働けば香港の永住ビザが取得できます。これなら日本国籍を持ったまま日本の税金と社会保険料を回避できます。で、香港在住のまま最低限の日本の社会保険料は負担して、今まで払った分は年金できっちり取り返す。

うちの会社の香港事務所に香港永住ビザを取得している日本人がいるので、先日の出張時にいろいろ話を聞いたのですが、社会保険や税金については香港のほうが合理的な(つまり安い)ようです。香港特別行政府が極端に小さな政府なので行政サービスは必要最低限。年金や保険はすべて民間でカバーしているので、税や社会保障の負担が少ない代わりに、すべてが自己責任といった感じのようです。でも香港は暑いしなぁ・・・(暑いの嫌いです)

とりあえず税金や社会保険制度についていろいろ考えさせられる一冊でした。
次は『資産運用のカラクリ』シリーズを読み進めようと思っています。
関連記事


[ 2005/12/26 21:40 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/268-8401ea0f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。