スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『雨の降る日曜は幸福について考えよう』

『雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays』(橘玲著)読了。
雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays
橘 玲

幻冬舎 2004-09-10
売り上げランキング : 18392
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同時平行で橘玲のこの本と、『マネーロンダリング』と『 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 』を読んでました。で、やっと一冊読了です。

今まで読んできた本は株式投資でどう利益を出すかについて書かれた本ばかりで、初めてなぜ自分の資産を最大化しなければならないのかということについて書かれた本を読みました。

そもそも株式投資を始めたきっかけが仕事のための勉強の延長だったので、投資を始めた当初は自分の今後の人生におけるお金の問題についてあまり考えたことはありませんでした。勉強し始めた株式投資の勉強が面白かったこともあるし、今のところなんとかサラリーマンとして食べていけているし、将来もまぁなんとかやってけるだろうと思っていたということもあります。

でも、よくよく考えてみれば、今の会社が倒産したら(もしくはクビになったら)次に勤める会社の当てはあるのか?仮に次の仕事がすぐ見つかったとして、今の病気を持ったままで次の仕事をこなしていけるのか?・・・不確実なことばかりです。

今から莫大な資産を作ること(完全な経済的自由を手にすること)はまず不可能でしょうが、将来の選択肢を増やすため(例えば、今の仕事をクビになっても数年は生活できるだけの資産があるなど)、ある程度の資産を作ることは不可能ではないと考えています。また、そのための勉強は今からでも間に合うでしょうし、同時にもう30代となってしまった今、勉強のための時間は惜しむべきではないとも考えています。
関連記事


[ 2005/12/13 23:25 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/257-00627303









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。