スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『美女と野球』 『女子の生きざま』

文学コーナー、次の目標作家はリリー・フランキーに決定です(前から内定してましたが、投資本ばっかり読んで小説には手が廻ってませんでした)。ということで、リリー・フランキー本をどんどん読み進めています。

美女と野球と、
lily-2.jpg

女子の生きざまを読了。
lily-4.jpg


『美女と野球』に出てくるエピソードのいくつかは『東京タワー』でも登場するものです。『美女と野球』ではリリー・フランキーの表向きの顔が登場し、『東京タワー』ではリリー・フランキーの内側の顔が登場しているような感じです。『東京タワー』と『美女と野球』を読み比べると、かなり”リリー・フランキー”という人が掴めるのではないでしょうか。

『女子の生きざま』は、ひたすら楽しく読めます。ちょっと前のコラムなので、内容が古いかなぁと思うところもありますが、気が付くとニヤニヤしてしまうことがあるので、電車内で読むのは避けたほうがよろしいかと思います。確実に”キモい人”になってしまいます。

P.S.昨日、早速本屋に行って『東京タワー』の新品を買ってきました。
関連記事


[ 2005/11/20 23:32 ] 読書・映画・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/233-7b95a667









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。