スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サン電子の中間決算

11/11に発表されたサン電子の中間決算短信の内容を確認してみました。

下方修正(減益)の原因は、
1.上期売上高の80%弱を占めるパチンコ事業(パチンコ制御基盤)の不振
2.情報・通信関連事業での研究開発投資による赤字
の2点のようです。
その他の事業に関しては売上高に占める割合が低いので今回の業績下方修正には関係ないと思われます。

情報通信事業への先行投資は脱パチンコ事業という観点から見ればいいことなのでしょうが、この先行投資が上手くいくかどうかは疑問です。確かサン電子は過去にゲーム事業で失敗しているはずです。

問題は売上高の8割弱を占めるパチンコ事業の今後です。決算短信のコメントでは、今期は「新機種発売の予定変更等により低調に推移しましたが・・・」となっていますが、来期のパチンコ制御基盤の受注が回復するのかどうか、この業界に詳しくない私にはよくわかりません・・・。

B/Sもチェックしてみましたが、通期予想売上高に対して中間決算時点でのB/S上の棚卸資産・仕入債務の比率が低すぎるように感じます。販売債権も1Q決算時の数値に比べてかなり減っており、現在も思うように売上が伸びていないようです。このB/Sを見る限りでは、少なくとも今期中の急速な業績回復はあり得ないように思われます。

財務は比較的健全なようなので、今後短期間に1500円前後まで売り込まれてPBR1倍割れまでいけば、今後も多少の業績のブレが続くとしても投資する価値はあるかもしれません。
関連記事


[ 2005/11/14 23:46 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/228-013e92e4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。