スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術』

早速『株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術』の内容をチェックしてみました。
株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
角山 智

秀和システム 2005-10-31
売り上げランキング : 3633
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

定量分析について触れられている部分はについては特に問題なし。”真のPER”については『バリュー投資入門』を読んで、すでに利用していた指標だったし、”EV/EBITDA”は知っていましたが、私はキャップレートの方が使いやすいような気がするので、この指標は今後もあまり使わないと思います。また、売上高・利益・利益率・キャッシュフローの推移や、総資産・自己資本・棚卸資産や売掛金の増減についてもエクセルで過去3年分はグラフ化してチェックしています。

定性分析については、四谷一氏の『普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる!』と同じような内容でしたが、この本では実例を挙げて実際にある銘柄を分析したり、同業他社との比較方法など、より具体的な定性分析の手法が書かれていて参考になりました。

売買方法やPFの組み方については記載が少ないですが、これについては人それぞれで自分なりのやり方があるでしょうから、こんなもんかなぁといった感じです。

全体的には、今まで読んできた本の内容をコンパクトにまとめたような印象でした。
関連記事


[ 2005/11/03 20:55 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/213-d9fcc400









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。