スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

有価証券報告書(Ⅰの部)

たまには仕事の話でも書いてみようと思います(ネタ切れなので)。

以前にこのブログに書いたとおり、今私が勤めている会社はJASDAQへの上場を目指しています。でもって、いろんな事情があって、ずっと通常業務をしていた私が突然IPOチームに異動させされて今に至っております。

当初は財務どころか簿記の基礎もわかんないし、「ストックオプションって何?」ってレベルでしたが、最近は投資先や投資候補の決算短信やら有報をたくさん読んでいるうちに、なんとなく財務諸表の見方もわかってきたし、資本政策の大切さもわかってきました。身銭切って株式投資を始めた甲斐があったようです。

で、今は主幹事証券会社の担当者にいろいろ相談しながら、毎日JASDAQ上場のための申請書のドラフト作成をチマチマやっております。上場申請書は、「Ⅰの部」(基本的に有価証券報告書と同じ)と「Ⅱの部」(”Ⅰの部”より詳細な会社情報を記載する必要があり、上場審査時の基礎資料になり、外部には出ません)にわかれており、両方合わせると、かなりのボリュームになります。

現時点で「Ⅱの部」は粗方片付いて、今は「Ⅰの部」を作成しているのですが、これって読むのは簡単(めんどくさいけど)だけど、書くのは大変です!今下書きしているのは、”企業の概要”や”事業の状況”なんですが、セグメント別の業績の概要や対処すべき課題、事業等のリスクなんて、そんな簡単に書けません!っていうか、なんでこんな下っ端が”会社が対処すべき課題”やら”事業のリスク”なんか考えて書かなアカンねん・・・。

で、結局は同業他社の有報を読みまくって、かなりの部分をパクって下書原稿にしています・・・。有報の”業績等の概要”が「当期におけるわが国経済は~・・・」で始まってたら、それはおそらく別の会社の有報のパクリか、いくつか適当に文章作ってそれを使い回しているはず!事業のリスクに関する部分も同じです。同業者の有報を見比べたらきっと同じような内容が書かれているのが容易に想像できます・・・。

もっと知識と経験があったら、独創的な文章で有報作ってみたーい!と思ってますが、その前にウチの会社上場できるんでしょうか・・・。

あー、明日も会社では同業他社の有報を読みまくりでしょう。
もういい加減、飽きたーーーーーーー。
関連記事


[ 2005/08/11 21:44 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/119-f2bb6c29









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。