スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『真説宮本武蔵』

さてさて、相変わらず司馬遼太郎読みつくし作戦進行中です。
今回読了したのは、『真説宮本武蔵』
新装版 真説宮本武蔵新装版 真説宮本武蔵
司馬 遼太郎

講談社 2006-04-14
売り上げランキング : 126691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉川英治の宮本武蔵は読んだことが無いのでよくわからないのですが、宮本武蔵に関する多くの物語や伝説が作り話であると書かれています(吉岡家との決闘など)。

しかし武蔵の天才性については否定しておらず、その天才性ゆえに後世の人々から本当の意味で理解されないていないのでは?と書かれているように感じます。

その他、”兵法者”に関する短編が数編収められていましたが、どうも影が薄かったです。
関連記事


[ 2005/08/06 20:37 ] 読書・映画・その他 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://quai62.blog15.fc2.com/tb.php/114-59669852


真説宮本武蔵

生きるか死ぬかの瀬戸際をゆく剣の道を目指す男たちを描いた短編集
[2005/08/09 22:48] URL 司馬遼太郎を読む







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。