スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月の運用成績

9/30時点での運用成績は以下の通りとなりました。

保有資産合計:¥1,332,391 (今月は¥200,000資金追加)
今期通算iFundパフォーマンス:10.8%
9月iFundパフォーマンス:2.1%
9月TOPIXパフォーマンス:11.1%
9月TOPIXアンダーパフォーム:-9.0%

※上記パフォーマンスは、配当は再投資、資金追加時のパフォーマンス修正、税金は考慮せず、という条件で算出しています。
0509.png

※2005年1月からのグラフですが、私が株式投資を始めたのは5月末からなので、それまでは100万円を現金で保有していたものとしています。
※2 このグラフは、”知的ゲームで勝つ方法”のしば様が作成された資産管理ツールを使用して作成しております。


それにしてもTOPIXの伸びはすごいですね・・・。1部銘柄を持ってる人はウハウハでしょう(実際、会社にそういう人がいます)。私のほうは、ファースト住建のS安で、9月半ば時点での通期パフォーマンスが3%台まで落ち込みましたが、ファースト住建の損切り後は鳥羽洋行の利益確定、コマニー及びサン電子の株価上昇でなんとか通期パフォーマンスは10%を突破しました。ファースト住建さえ売り抜けられれば通期パフォーマンスは18%くらいにはなってたはずです。修行がまだまだ足りません。

※個別銘柄コメント
6736 サン電子 損益+12.31%
とりあえず買付けの判断は間違えてなかったようで安心です。S高後の乱高下時に、余剰資金を使った短期売買でちょっとだけ利益を出しました。だいぶ株価が騰がってきましたが、短期の業績予想は良さそうなので半期決算発表まではホールドと考えています。

7851 カワセコンピューターサプライ 損益-0.23%
特に値動きなし。コメントもなし。
初の資産バリュー株として買ってみましたが、どうなるのでしょうか・・・。

7945 コマニー 損益+60.47%
順調に含み益を増やしています。そろそろ売却予定です。
というか、ずっと指値で売り注文出してるんですが、なかなかヒットしないです。数日前に一瞬指値まで届きそうになったんですけどねぇ・・・。

※売却した銘柄
7472 鳥羽洋行
売却益は22,875円でした。売却後もウォッチしてます。この銘柄、かなり割安だと思うんですが、なかなか値上がりしませんね。

8917 ファースト住建
損失は67,050円でした。この銘柄も一応まだ追ってます。買う気はないですが・・・。

9622 スペース
売却益は175円でした(w。
でも中間配当1,500円がうれしかったです(初めてだったので)。
スポンサーサイト


[ 2005/09/30 20:14 ] 月次運用成績 | TB(0) | CM(0)

ウクレレ教室 10回目

今日は10回目のレッスン。
今回は、楽譜を見てすぐに指が動くよう練習したつもりでしたが・・・。やっぱダメでした。

今日の練習内容。
1.ドレミファソラシドの練習
2."A Lover's Concerto"のソロ練習の続き。
とりあえずメロディだけ練習してます。
かなりゆっくりなテンポならなんとかついていけるレベル。
とてもじゃないけど、まだまだメロディとコードを同時に弾くのは無理そぅ・・。

まだまだ地道に楽譜を読む練習をしないとダメそうです。

[ 2005/09/29 22:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

四季報CD-ROMを使ったスクリーニング 収益バリュー株編

さて、今回は四季報スクリーニングを使用した収益バリューの算出とその有効性の検証です。

抽出条件に使用した条件式
1.財務格付(SAF2002式)の条件式で財務が比較的健全な銘柄を抽出します。抽出条件は資産バリュー株の場合より若干甘くしています。

2.収益バリュー算出の条件式
(([連・当期利益(0)]+[連・当期利益(-1)]+[連・当期利益(-2)])/3)/0.06
本来なら永久還元定義式[PV=C/(r-g)]から収益バリューを算出すべきでしょうが、ディスカウントレート(r-g)に関してそれぞれの企業についてのリスク(r)と成長率(g)をいちいち考えるのはめんどくさいので、ここでは”ディスカウントレート”=”期待収益率(PERの逆数)”としています。事業の収益力(C)については、3期分の純利益(四季報予想の今期予想純利益・前期純利益実績・前々期純利益実績)の平均値を使用しています。また、予想の難しい成長性はバリューとして考えないという観点から、個別企業の成長性を考えるのは無駄とも思います(ただし、現在の収益力がある程度の期間継続するかどうかの分析は必要かと思います)。ちなみに、今回の資産バリュー算出の条件式では、株式投資で最低限求められる期待収益率は6%と仮定して、(r-g)を0.06としています(PERで約16.7倍)。

3.正味現金(ネット・キャッシュ)算出の条件式
[連・現金預金(-1)]+[連・有価証券(-1)]+([連・投資等(-1)]*0.5)-[連・有利子負債(-1)]-([連・保証債務等(-1)]*0.5)
現金・有価証券は100%評価、投資等資産は50%評価とし、念のために保証債務等も50%評価で負債としてキャッシュから差し引いています。

4.PERとキャップレート
PER:[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・当期利益(-1)]*1000)/[最新発行済株式数(千株)])
キャップレート(%):(([連・営業利益(-1)]*0.6*1000)/(([DL・週足終値(円)(-1)]*[最新発行済株式数(千株)])-([連・現金預金(-1)]+[連・有価証券(-1)]+([連・投資等(-1)]*0.5)-[連・有利子負債(-1)]-([連・保証債務等(-1)] *0.5))*1000))*100
一応条件式に入れています。

5.時価総額/(正味現金+収益バリュー)の条件式
([DL・週足終値(円)(-1)]*[最新発行済株式数(千株)])/((([連・現金預金(-1)]+[連・有価証券(-1)]+([連・投資等(-1)]*0.5)-[連・有利子負債(-1)]-([連・保証債務等(-1)]*0.5))+((([連・当期利益(0)]+[連・当期利益(-1)]+[連・当期利益(-2)])/3)/0.06))*1000)
※時価総額は千円単位、(正味現金+収益バリュー)は百万円単位で算出しているために、(正味現金+収益バリュー) x 1,000としています。

その他にもいろいろ条件式を使っていますが、主に上記1~5の条件式を利用して抽出した中から、”時価総額/(正味現金+収益バリュー)”の数値が0.55以下の銘柄をピックアップして、9/23の終値で買い付けたとして、年末までのパフォーマンスを検証してみようと思っています。 本来であれば、収益力の持続性などの定性分析は必要不可欠と思われますが、ここでは四季報CD-ROMの機械的スクリーニングだけで、どれだけのパフォーマンスが得られるかテストしようと考えています。

ちなみに、抽出した銘柄は以下の通り。
shueki.jpg

※完全子会社化される銘柄、四季報CD-ROMの[最新発行済株式数(千株)]に反映されていない株式分割を行っている会社は除外しています。

さてさて、資産バリュー株とどちらが良いパフォーマンスとなるでしょうか。

[ 2005/09/28 21:40 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

四季報CD-ROMを使ったスクリーニング 資産バリュー株編

前回の記事以来、四季報のスクリーニングについていろいろ試行錯誤してました。一応それなりの条件式が完成したので、それを使って割安銘柄を機械的に抽出して、そのパフォーマンスを検証してみようと思っています。

まずは資産バリュー株から。

抽出条件に使用した条件式
1.財務格付(SAF2002式)の条件式(SAF2002式の条件式については『日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方』の巻末を参照下さい)
まずは、この条件式で財務が比較的健全な銘柄を抽出します。

2.資産バリュー算出の条件式
[連・現金預金(-1)]+([連・受取手形・売掛金(-1)]*0.8)+[連・有価証券(-1)]+([連・棚卸資産(-1)]*0.5)+([連・有形固定資産(-1)]*0.5)+[連・投資等(-1)]-[連・負債(-1)]
本来であれば、有形固定資産と投資等資産については、有報などで資産内容をチェックすべきですが、今回は四季報CD-ROMのスクリーニングだけで割安銘柄を抽出してパフォーマンスを検証するのが目的なので、固定資産は簿価の50%、投資等資産は簿価の100%で評価しています。その他の資産は無価値としています。もちろん資産バリューがマイナスの銘柄は除外です。

3.清算価値算出の条件式
[連・流動資産(-1)]+[連・投資等(-1)]-[連・負債(-1)]
清算価値も同時に算出して、参考にしています。今回のテストでは清算価値がマイナスのものは除外しています。

4.PBR
[DL・週足終値(円)(-1)]/(([連・株主資本(-1)]*1000)/[最新発行済株式数(千株)])
一応条件式に入れています。PBR<1としています。

5.時価総額/資産バリューの条件式
([DL・週足終値(円)(-1)]*[最新発行済株式数(千株)])/(([連・現金預金(-1)]+([連・受取手形・売掛金(-1)]*0.8)+[連・有価証券(-1)]+([連・棚卸資産(-1)]*0.5)+([連・有形固定資産(-1)]*0.5)+[連・投資等(-1)]-[連・負債(-1)])*1000)
※時価総額は千円単位、資産バリューは百万円単位で算出しているために、資産バリュー x 1,000としています。

その他にもいろいろ条件式を使っていますが、主に上記1~5の条件式を利用して抽出した中から、”時価総額/資産バリュー”の数値が0.8以下の銘柄をピックアップして、9/23の終値で買い付けたとして、年末までのパフォーマンスを検証してみようと思っています。

ちなみに、抽出した銘柄は以下の通り。
shisan0924.jpg

※完全子会社化される銘柄、四季報CD-ROMの[最新発行済株式数(千株)]に反映されていない株式分割を行っている会社は除外しています。

さて、結果はどうなるでしょうか。

[ 2005/09/27 22:24 ] 四季報 | TB(0) | CM(0)

『株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて』

『株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて』(ロバート・A.ハウゲン著)読了。
株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて
ロバート・A. ハウゲン Robert A. Haugen 加藤 英明

ピアソンエデュケーション 2004-12
売り上げランキング : 35889
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

撃沈です・・・。イマイチ理解できませんでした。ただ、言い訳ではないですが、この翻訳はちょっとヒドイと思います。アマゾンのレビューでもこれ(翻訳の悪さ)についてはコメントがありましたが、本当にヒドイです。意味不明な文章が多い・・・。それに日本語の句点は”。”です”.”ではありません。

と、ブツブツ言ってても仕方ないので内容について。

行動ファイナンスに関する書籍だと思っていたのですが、ちょっと違いました。伝統的ファイナンス(効率的市場仮説)について執拗なほど攻撃的で(何か恨みでもあるんでしょうか?)、行動ファイナンスでも市場の動きは説明できないとしているようです。効率的市場仮説も行動ファイナンスも、市場を構成している”個”(投資家?)から市場全体を捉えようとする演繹的なアプローチであり、本来複雑で相互作用のある市場を捉えるには、統計や計量経済などの帰納的なアプローチに用いるべきである(著者は”ニュー・ファイナンス”と呼んでいる)、ということのようです。

(注:内容についてはきちんと理解できていないので、あまり真に受けないで下さい・・・。)

まぁ、いつかまた読み直してみることにしましょう。

[ 2005/09/26 21:33 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

9/25 今週のPF

6736 サン電子 (46.3%)
7851 カワセコンピュータサプライ (33.5%)
7945 コマニー (15.5%)
Cash (4.6%)

※括弧内は各銘柄のPF内比率

今週は新規買付銘柄はなし。

キャッシュに余裕があったので、S高後に株価が急落したところでサン電子を追加で100株買付け。一時的とはいえ、PF内で50%近い比率を占めているので、今月中に適当な株価で一部売却する予定です。それにしても、100万円のPFでPF比率を上手くコントロールするのは難しいです。買付けできる銘柄も限られるし・・・。早く資金追加しないとダメですね。

サン電子もコマニーも比較的割高になりつつあるので、次の割安銘柄を物色中です。四季報CD-ROMを利用して”資産バリュー”と”収益バリュー”を算出(ついでに時価総額との比較も)するためのスクリーニング条件式がやっと完成しました。そこで、このスクリーニングで機械的に抽出した割安銘柄(40銘柄程度)を今週末の株価で買付けた場合、年末までに個別銘柄毎でどんなパフォーマンスが出るかテストして、スクリーニング条件式の有効性を検証してみようと考えています。

抽出条件や個別銘柄についいては、おいおいブログに書いていこうと思っています。

[ 2005/09/25 18:24 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

『最強のファイナンス理論』

『最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎』(真壁昭夫著)読了。
最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎
真壁 昭夫

講談社 2003-02
売り上げランキング : 67513
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この3連休は行動ファイナンス関係の書籍を集中的に読んでます。

この本は『行動ファイナンス入門』の前に読むべきでした。内容は、”伝統的ファイナンス理論”の概要と、新しく登場したファイナンス理論である”行動ファイナンス”についての基礎的な説明(『行動ファイナンス入門』とほぼ同じ内容)です。

今著者名をチェックしてて気付いたんですが、真壁昭夫氏は私がずっと読んでたML(JMM)の月曜版『村上龍、金融経済の専門家たちに聞く』の回答者の一人だったんです。この本買うときには全然気付いてませんでした。"JMM"は最近時間がなくてちゃんと読んでなかったんですが、時間を作ってチェックしてみようと思います。

[ 2005/09/24 16:01 ] 投資関連書籍 | TB(2) | CM(0)

702NKⅡ(Nokia6680) 発売!

10月下旬にVodafoneから"702NKⅡ"が発売されるようです。
702nk2.jpg

海外では"Nokia6680"として発売されている端末です。

無駄遣いはダメですが・・・。




絶対欲しい!すぐ欲しい!

 

[ 2005/09/23 17:53 ] Nokia | TB(0) | CM(0)

『最新 行動ファイナンス入門』

『最新 行動ファイナンス入門』(ジョン・R. ノフシンガー著)読了。
最新 行動ファイナンス入門最新 行動ファイナンス入門
ジョン・R. ノフシンガー John R. Nofsinger 大前 恵一朗

ピアソンエデュケーション 2002-08
売り上げランキング : 31135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一言で言うと、”大学の一般教養課程で使いそうなテキスト”って感じです。約100ページで2,100円、ってことは1ページ21円。って考えると高い本に感じます・・・。

内容については”入門”と書いてあるだけあって、それほど難しくはありません(『バリュー投資入門』は”入門”じゃなかったけど)。数時間でざっと読める内容です。ただ、自分自身を振り返ってみると、この本に書かれているような心理状態で投資判断を下していることが多いので、自分自身に対する戒めとして、きっちり内容を理解しておく必要がありそうです。

アンカリング
投資家は株式の購入価格や最近の最高値に引っ張られてしまう傾向がある。

自信過剰
自信過剰により、投資家は頻繁に取引を行い、PFの回転率が高くなり、これによりPF全体の収益率低下を招く。また、同時に収益率に対して必要以上にリスクをとった(分散化度合いが低い)PFを組んでしまう。特にオンライントレードでは、第3者の助言がないので、自信過剰に陥りやすい。

コントロールの幻想
”選択”・”結果の連続”・”慣れ”・”情報”・”積極的関与”などから、自分がコントロールできない結果についても影響をを及ぼすことができると考えてしまう。特に、オンライン投資家は電子掲示板・ニュースグループを通じたコミュニケーションにより投資に積極的に関与することで”コントロールの幻想”に陥りやすい。

気質効果(後悔とプライド)
後悔への恐怖はパフォーマンスの高い株式の早期売却へとつながり、プライドを保つためにパフォーマンスの低い株式を売り遅れる傾向がある。また、”後悔”についての特徴として、自分自身の判断にもとづく損失には強い後悔の念を感じ、自分にコントロールできない損失(市場全体の下落)によって感じる後悔の念は比較的弱い。

ハウス・マネー効果
利益を得た経験の後では、人はより多くのリスクをとろうとする。

リスク回避効果
損をした経験があると、人はリスクをとらない。一度損をすると、損をし続けるかのように感じてしまう。

ブレーク・イーブン効果
損をした者は、リスクをとっても損失を取り戻そうとする(ブレーク・イーブンに持ち込もうとする)。

記憶と意思決定
徐々に下落(もしくは上昇)した銘柄より、急落(もしくは急上昇)した銘柄に対する苦痛(もしくは喜び)の方が記憶に残りやすい。

認知的不協和
人は自分をスマートで賢いと考えがちである。都合の悪い情報(記憶)は最小化され、それを否定できない場合は信条を変化させて対応する。例えば、ある銘柄に投資した場合、投資する前よりもその銘柄が値上がりしそうに感じ、投資する前は自分の判断が正しいか確信がもてなくても、投資した後は自分の判断が正しかったかのように感じられる。

メンタル・アカウンティング(心の口座)
人は自分の資産を用途、目的によって無意識に分類する傾向があり、個別の投資に対する損益を重視するあまり、資産の最大化を考えた合理的な判断ができなくなる。

代表性と慣れ
代表性により、投資家は良い企業と良い投資先を混同する。すぐれた利益成長を続けてきた企業は人気により株価が上昇するが、しばらくすると楽観的すぎた将来見通しが見直され株価が下落する(過剰反応)。また、人は慣れ親しんでいるものを好む。例えば従業員は自分の勤務する企業の株式を保有したがる。米国の投資家のPFの93%は米国市場に投資されており、日本の投資家のPFは98%日本市場に投資されている。”慣れ”はしばしば健全な分散投資を阻む要素となる。

群集心理
他の人が株式についてどう考えているかを聞くと、まわりのコンセンサスが形成される。投資家はこのコンセンサスに基づき投資を行う。これにより、投資の意思決定がしっかりとした分析に基づくのではなく、群集の感覚に基づいてなされることになる。また、群集の中にいる場合の損失による苦痛は、”気質効果”により緩和される(自分だけが特別な損失を受けたわけではないと感じる)。

短期的視点
バブルの期間には、人の視点は投資家というよりもトレーダーのようになる。その企業のファンダメンタルより、短期間の株価上昇に目を奪われがちになる。

セルフコントロールと意思決定
心理的バイアスを克服し、セルフコントロールによる意思決定を行う戦略。
1.心理的バイアスを理解せよ。
2.なぜ投資しているかを理解せよ。
3.数量的な投資基準を持て。
4.分散化せよ。
5.自己の投資環境をコントロールせよ(取引に関する意思決定を週に1回もしくは月に1回と限定してしまうなど)。

※追加的ルール
a.極端に単価の低い株式に投資しない
b.電子掲示板等の利用は避けるべきである。こられは自信過剰や慣れといった心理的バイアスを増幅する。
c.自分の投資基準に適合しない株式を取引するならば、市場に出回っている情報よりもその株式についてよく知っているかどうか確認する必要がある。だか、実際そんなことが現実にあるだろうか?
d.市場と同じリターンを得るという目的を持つべきである。
e.心理的バイアスを毎年検証すべきである。

どれもこれも、過去の行動に照らし合わせると心当たりのあることばかりです。

最後に・・・・。
「投資に成功するためには、株式のことを知っているだけでは足りない。自分自身を理解することは、株式を理解することと同じくらい重要なことである。」

[ 2005/09/22 23:39 ] 投資関連書籍 | TB(1) | CM(2)

『美人(ブス)投票入門』

『美人(ブス)投票入門』(山本一郎著)読了。
美人(ブス)投票入門美人(ブス)投票入門
山本 一郎

オーエス出版 2004-02-20
売り上げランキング : 113983
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容はものすごくまっとうですが、文章がふざけてていい感じです。ただ、内輪言葉(”うんこみそ”や”鉄火場”など)が多いのがちょっと気になります。巻末に用語辞典がついているのでそれを見れば意味はわかるんですが。

「・・・では、どうやって株式投資で収益を上げればいいのだろうか
そんなもんはしらん。以上、終わり。」
この文章に著者の誠実さを感じました。ただ、こういう文章を書く著者に対しては、読者によって極端な好き嫌いがありそうだとも感じます。

とりあえず、新しい銘柄を買付ける前に、ブス銘柄13ヵ条を思い出して、そいつ(買付候補銘柄)がブサイクでないかどうかは確認しようと思います。

[ 2005/09/21 20:09 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(2)

祝!”ストップ高”初体験

サン電子、ストップ高!

理由はわかりませんが、サン電子がストップ高。9月6日にストップ安を初体験して、今日はストップ高初体験です。朝から買いが先行してて、あーなんか株価騰がってくなーと思ってたら、後場の後半から急激に買いが入って大引け直前にストップ高に。なんだか変な感じです・・・。いったい誰が買ってるんでしょう?機関投資家かな?

200株持ってたので60,000円の含み益。一日でファースト住建の損失をほぼ埋めてくれました。おかげで通期のパフォーマンスも一気に10%まで回復。それにしてもよくわかんないです・・・特にS高になるような材料は無いと思うんですが・・・。


さー、明日からどうしようかな・・・。

で、我がBLOGのペット兼投資指南役のグレアム先生に話しかけてみたところ、
shintaku.jpg

とのことです。

う~む・・・奥深いコメントです。

[ 2005/09/20 19:00 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

米スタンフォード大学で行われたスティーブ・ジョブズ氏のスピーチ

素晴らしいスピーチです。あまりに感動したので保存。(→引用元

ジョブズ氏の祝辞
 わたしは今日、世界で最も立派な大学のひとつであるスタンフォード大学の卒業式に招かれ、みなさんとともに、ここにいることを誇りに思います。わたしは大学を卒業していません。本当のことを言えば、この卒業式がわたしが経験した初めてのものであります。今日はわたしの人生から得た三つの話しをしたいと思います。



[ 2005/09/19 18:14 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

『敗者のゲーム』

『敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか』チャールズ・エリス著、読了。
敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
チャールズ・エリス

日本経済新聞社 2003-12-04
売り上げランキング : 25901
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前回読んだ本で疲れてたせいか、この本はかなり流し読みになってしまいました・・・。内容は『ウォール街のランダムウォーカー』と多少被ってるような気がします。

要点をまとめると、

この数十年で証券運用は『勝者のゲーム』から『敗者のゲーム』になってしまった。機関投資家の(米国)市場における売買シェアは90%以上となり、市場とはすなわち機関投資家自身となってしまったのである。これにより、”市場に勝つ運用”は不可能となった。

証券運用は、超長期に渡って正しく定められた運用基本方針に従って行われることにより、証券運用のパフォーマンスにおける税金・売買コスト・インフレの影響を最小限に抑えることができる(つまり”敗者のゲーム”で勝つことが出来る)。

また、第三部の”個人投資家への助言”とその中の一節”個人投資家への十戒”は必読かと思います(実行するのは難しそうですが)。

読み終えてからふと思ったのですが、日本の株式市場における機関投資家と個人投資家の売買シェアってどれくらいなんでしょう?前にJASDAQ市場における個人投資家のシェアが過去最高になったってニュースを見たような気がするのですが・・・。なんとなくですが、日本の株式市場は米国の株式市場に比べて非効率的であり、まだ日本の株式投資はまだ”勝者のゲーム”なんじゃないかと思ったりもします。

[ 2005/09/19 12:58 ] 投資関連書籍 | TB(1) | CM(0)

9/18 今週のPF

6736 サン電子 (30.3%)
7851 カワセコンピュータサプライ (33.3%)
7945 コマニー (15.7%)
Cash (20.7%)

※括弧内は各銘柄のPF内比率

今週は売買が多かったです。

・売却銘柄
7472 鳥羽洋行・・・発売日の一日前に四季報が届き、鳥羽洋行の業績に関するネガティブなコメントと今期業績の下方修正の記載を見て一時的に売却することを決定。四季報発売日の寄付で売却して利益確定しました。約23,000円(約12%)の売却益を確保。四季報発売後、株価は下落を続けています。恐るべし四季報効果。基本的には現時点でも割安な銘柄かと思いますので、様子を見て買戻しも検討しようと思ってます。

8917 ファースト住建・・・もう散々書いたので、ここでは省略致します・・・。約67,000円の損失確定。

9622 スペース・・・改めて資産バリュー・収益バリュー等々いろんな側面から割安かどうか検討してみましたが、どう見てもこの銘柄が特別割安であるという確信がもてなくなったので売却。一応100円くらいの売却益があります(w。あ、それと中間配当1,350円(税引後)を受け取っていますので、ほんのちょっぴり利益は出てます。

・買付銘柄
7851 カワセコンピュータサプライ
四季報を使った機械的なスクリーニングで、資産バリュー株として一番割安であり、なおかつ私のPFに何とか組み入れ可能(とはいってもPF内での比率はかなり高いですが・・・)な株価だったので買付決定。B/Sと資産内容の確認のみで、事業に関する定性分析は一切なし(有報くらいは読みましたが)。ちなみに、このカワセの本社は私が今勤めている会社のすぐ近くにあります(多分歩いて10分もかからない)。一回会社見に行ってみようかな~。

継続保有のサン電子とコマニーについては、順調に含み益を増やしています。過去の反省から、中途半端な事業分析などせず、妥当株価に近づいたら売却、利益確定するつもりです。

で、

[ 2005/09/18 22:07 ] 投資 | TB(1) | CM(0)

『バリュー投資入門』

『バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意』読了。
バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意
ブルース グリーンウォルド ポール ソンキン ジャッド カーン

日本経済新聞社 2002-11
売り上げランキング : 34750
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読み終えるのにかなり時間がかかりましが、”モダン・バリュー投資”について、なんとなく理解できてきた気がします。帯に「『賢明なる投資家』『証券分析』以来の画期的テキスト登場!」って書いてますが、実際その通りかと思います。資産バリューと収益バリューの関係(この前からこの2つをどう考えたらいいか混乱してた)、実際のバリューの計算方法など、バリュー投資家を目指すなら是非読んでおくべきテキストかと思います。”入門”ってなってますけど、内容はかなり高度です・・・。

後半は『マネーマスターズ』のバリュー投資家版のような構成になってます。お気に入りはこの本の著者の一人でもある”ポール・ソンキン”。ソンキンの使う計量的な手法として”キャップレート”が出てきます。著名なバリュー投資家諸氏のサイトで”キャップレート”が出てきていたので言葉自体は知ってましたが、この本のおかげでやっと意味がわかりました。

※キャップレート=キャピタライゼーション・レート(資本還元率)
会社の税引後営業利益をすべて所有するために、投資家はいくら支払わなくてはならないかを示す指標。

   営業利益 x (1-税率)
----------------------------------------
時価総額-(現金・金融資産等-借入債務総額)



ついさっき読み終わって、今こうやって感想を書いてますが、ホント密度の濃い本で疲れました・・・。

[ 2005/09/17 21:46 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

9/15 通院記録

昨日は3週に1回のカウンセリング日でした。

この3週間は体調もよく特に問題はなかったんですが、1回だけ発作が出そうに・・・。まぁ、月に1~2回発作が出そうになる程度に治まってればいいかなと思ってます。それより、薬を飲み続けることに対する漠然とした不安のほうが大きくなってますって言ったら、医師曰く「そうやって焦らんほうがいいよ」とのこと。

でも、こんな本も出ているのでちょっと不安なんですけどねぇ・・・。
ssri.jpg


ちなみに・・・、最近1回だけ発作が出かけたのは例のS安銘柄のせい!
デイトレードは精神的にも無理ということが良くわかりました。

[ 2005/09/16 14:33 ] うつ病とPD | TB(0) | CM(5)

ウクレレ教室 9回目

今日は9回目のレッスン。

1.ドレミファソラシドの練習
2."A Lover's Concerto"のソロ練習(さわりだけ)。
ウクレレなのになぜかクラシック。金城武とケリー・チャン(実は好みのタイプ)出演の香港映画”アンナ・マデリーナ”で何度も流れてた曲です。新しいコード"B♭"が難しい・・・。

ていうか、ええ加減楽譜読めんと、そろそろレッスンに付いていけなくなりつつあります。

[ 2005/09/15 22:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

S安とその後 完結編

例のS安銘柄をナンピンして以来、株価が気になって仕方ないので仕事中もずっとE*TRADEの画面を開いたまま、仕事そっちのけで日々下がり行く株価を眺めていました。

で、今日の昼休み、突然自分は何やってんだろうと思い、後場寄りに全株成行で売却し、最終的に67,000円で損失確定。100万円のPFで67,000円の損失は痛いです。さらに”イタイ”ことに、後場後半に株価が上昇し、終値はS安日以来はじめて前日よりプラスに。もしかしたら明日は一気に反発して幾らかは損失を減らすことができたかも・・・(と、考えてる時点でまだ損失を認められない未練タラタラさが滲み出てます)。

もともと買い付けたときからおかしなことになってた銘柄で、売り時を何度も間違え、損切もできず、挙句の果てにナンピンまでして損失拡大、然るべき結果になったというべきでしょうか。自分がいかにセルフコントロールのできない人間か痛感しました。

まぁ、なんにせよやっと結末です。
賢明なる投資家への道のりはまだまだ長いようです。

[ 2005/09/14 18:03 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

Nokia6630 MacOSXのテーマ

数ヶ月ぶりのNokiaネタです。
最近あまりNOKIA 702NK関係のブログチェックをしていなかったので、久々にあちこちうろうろ。

で、こんな素敵なテーマを発見!
nokiaosx.jpg


もうひとつ、かなり使い勝手がよさそうな電卓も発見。
Calcium.png


ついでに、前からインストールしてあるアプリのバージョンアップやデータのバックアップも。

てな感じで、久しぶりにNOKIA携帯で遊んでみました。


[ 2005/09/13 19:58 ] Nokia | TB(0) | CM(0)

ストップ安とその後2

今朝からS安銘柄以外は順調に含み益を増やしているので、S安銘柄で禁断のナンピンを実行。下方修正後の収益バリューから判断して、今日の終値がほぼ底値と判断したのですが、成長を前提としていた銘柄だけに、ここから株価を戻すかどうかはまったく不透明です。

無分別なのはわかってるんです。おそらく自己コントロールできない投資家はこうやって損失を増やしていくんでしょうね。頭で理解していることと、自己の感情をコントロールすることはまったく別のことだと痛感。一度、自分の無分別さで元本割れを経験したほうがいいのかもしれません。

また、本日スペース(9622)を売却。売却理由は、今読んでいる『バリュー投資入門』に基づく方法で収益バリューを計算してみたところ、購入時の株価がすでに割安でなかったことが判明したため。その他の保有銘柄も収益バリューを再計算してみて、すでに割安でなくなりつつある銘柄は適当と思われるラインで売り注文を出しています。

一回リセットして仕切りなおしたほうがいいかも・・・。

[ 2005/09/12 18:05 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

9/11 今週のPF

6736 サン電子 28.4%
7472 鳥羽洋行 16.9%
7945 コマニー 15.1%
8917 ファースト住建 11.6%
9622 スペース 10.5%
Cash 17.5%


今週はファースト住建のS安でPF全体のパフォーマンスが3.8%まで低下。いくらなんでももうちょっと値を戻すだろうという甘い希望でまだ手放せない私。あーー参った。

総選挙の結果は、このブログを書いている時点で、すでに自民単独で過半数確保。月曜日の市場はどうなるのでしょうか?明日の朝が楽しみです。

[ 2005/09/11 23:49 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

『賢明なる投資家【財務諸表編】』

『賢明なる投資家【財務諸表編】』ベンジャミン・グレアム著、読了しました。
賢明なる投資家【財務諸表編】 ウィザードブックシリーズ 24賢明なる投資家【財務諸表編】 ウィザードブックシリーズ 24
ベンジャミン・グレアム スペンサー・B・メレディス 関本 博英

パンローリング 2001-10-26
売り上げランキング : 58613
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾンのカスタマーレビューを見て、購入するのはもったいないかもしれないと思い図書館から借りてきました。明日が返却期限なので急いで読了。内容は、同じくグレアムの著作である『賢明なる投資家』や『証券分析』を読むための財務諸表に関する副読本(用語集?)といった感じです。

ということで、約4,000円という値段を考えると、やはり購入するのはちょっともったいないかな・・・と思います。

[ 2005/09/09 18:55 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

ストップ安とその後

まだ持ってます。
損失を受け入れられない私。

そのうちもうちょっと値を戻すのではと思ってるんですが・・・。

[ 2005/09/08 21:55 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

『ウォール街のランダム・ウォーカー』

『ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理』 バートン マルキール著を読了。
ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理
バートン マルキール Burton G. Malkiel 井手 正介

日本経済新聞社 2004-04
売り上げランキング : 23415
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テクニカル派はともかくとして、ファンダメンタル派もケチョンケチョンにやっつけられてます。その理由は、市場は常に効率的であり、株価を決定するすべての要素は即座に株価に反映されるからであるということですが、著者は所々で短期的には市場は必ずしも効率的でないということも述べています。ただし、一時的な非効率性を利用した投資は一部の投資家にしか成果を上げることができないので、一般投資家はインデックスファンドを買うことが一番妥当な選択ですよ、ということのようです。ちなにみ著者自身は個別銘柄への投資を行っているようですが・・・。

全般的には数値とグラフを多用して、株式投資について丁寧に解説されている良書だと思います。印象的だったのは後半の年齢による具体的なPF構成でした。若い人はリスクを取って利益を得るべきであり、年齢を経るにつれて保守的なPFへと変化させていくという考え方は非常に的を得ていて参考になりました。

[ 2005/09/07 21:23 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

祝!”ストップ安”初体験

ファースト住建、ストップ安!

業績予想の下方修正を見て、来るかなぁと思ってましたが、やっぱりきました。寄り付きで約26万株、午後には約50万株、夕方には約80万株以上の売り注文、私も成行で売り注文出してましたが、アホらしくなって午後には注文取消し。大引け後、E*TRADEの画面を見てたら、なんだか笑いがこみ上げてきました。株式投資を始めて約3ヵ月半、こんなに早く持ち株のストップ安を経験するとは思ってもみませんでしたので・・・。

今日一日でPF全体の含み益が半減。今まで積み上げた利益の半分を一気に失っちゃいました。ファースト住建は前から売ろう売ろうと思ってたんですが、出してた指値が悪かったようです。売りが下手だとこういうことになるんだと痛感。売りの下手さとストップ安を初めて(しかもリアルタイムに)目の前で見た授業料と思いましょう。って、明日も引き続き下落しそうですが(w。

さー、明日からどうしようかな・・・。

[ 2005/09/06 21:28 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

『ITバブルで大損こいたオレが到達した【オレ様流】決算書で発掘!儲かる株』

『ITバブルで大損こいたオレが到達した【オレ様流】決算書で発掘!儲かる株』 CMB研究所著、大分前に読み終わってたんですが、書評を書くのを忘れていました。
ITバブルで大損こいたオレが到達した【オレ様流】決算書で発掘!儲かる株  別冊宝島 (1153)ITバブルで大損こいたオレが到達した【オレ様流】決算書で発掘!儲かる株 別冊宝島 (1153)
CMB研究所

宝島社 2005-05-27
売り上げランキング : 159889
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日自分のブログのアマゾンへのリンクを見て気付いたんですが、Amazonではすでに在庫切れで、ユーズドで3,200円で売られてます。これが株ならすごい益回りです。ヤフオクで出品してみようかな・・・(w。

ということで本の内容ですが、数ヶ月前株式投資を始めたばかりの頃、まだ減価償却やROE、ROAの意味がよくわかっていなかった私には格好の入門書でした。その頃からCMB研究所は参考にさせていただいていたんですが、やはり本にまとまってるほうがわかり易いですね。で、結局この本のおかげで決算書の読み方が少しはわかるようになり、その後決算書関係の本を読んだ時にも大変役に立ちました。ところどころに極端な表現があるので、人によっては好き嫌いはあるかもしれませんが。(私は右翼ではないですが書かれていることには同感です)

さて、まだまだ未読書がたくさん溜まってます。特にeBOOKOFFで欲しかった本が安く売っているのを見つけるとすぐに注文してしまうので、最近加速度的に書棚が埋まっていきます。ちなみに現時点での未読書は・・・

『証券分析 【1934年版第1版】』
『ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット』
『日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方―上場会社・約70社の大株主・竹田和平さんの旦那的投資哲』
『シーゲル博士の株式長期投資のすすめ』
『バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意』
『最新 行動ファイナンス入門』
『株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて』
『最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎』
『カウンターゲーム』
『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』
『マーケットの魔術師』(2001年版)
『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇』
『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇』
『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』
『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』
『債券取引の知識』

やばい・・・

[ 2005/09/05 18:31 ] 投資関連書籍 | TB(0) | CM(0)

9/4 今週のPF

6736 サン電子 27.3%
7472 鳥羽洋行 16.2%
7945 コマニー 14.3%
8917 ファースト住建 15.3%
9622 スペース 10.1%
Cash 16.7%


※月初に資金を20万円追加投入したため、先週よりキャッシュの比率が相対的に高くなっています。

今週も売買なし。というか、最近は本読んだりブログ書いたりで、あまり銘柄探ししてないです・・・。いまだに”割安度””安全域””許容リスク”(突き詰めていけば3つとも同じことでしょうが)について、自分自身納得がいく基準が定められないのも銘柄探しに身が入らない一つの理由です。出来る限り定量的なアプローチ(要するに、ほとんど四季報のスクリーニング)で充分な安全域を確保した割安銘柄を発掘できればいいのですが、そんな便利な基準があれば苦労しませんよねぇ・・・。でも楽して割安株を見つけたいのです!

ということで、この何日か考えていたことをちょっと整理。

割安株の種類について
1.資産バリューが割安な銘柄
資産バリューについては、四季報を使った定量的なスクリーニングで割安銘柄を絞り出せそうな感じです。ただし、固定資産の”土地”や”投資等資産”など、B/S上の数値を見ただけでは完全に評価できない資産については、機械的なスクリーニングではフォローできないことになります。また、完全に資産バリューの割安度だけを基準に投資するのであれば業績についてはそれほど考慮に入れる必要は無いように思います。ただ、急速にB/Sの内容が悪化するような業績では困りますが・・・。直近までの数年間のFCFがマイナスでなければそれでOKかと思っています。

2.収益バリューが割安な銘柄
収益バリューについては、正確な数字を算出しようと思うとそれぞれの企業ごとの成長性や事業リスクの予想によってかなりバラつきのある数字になってしまうような気がします(ここら辺はまだまだ勉強不足なんで自分の言ってることに自信が無いですが・・・)。ということで、現時点で四季報を使って収益バリューを計算する方法として、PERの逆数としての期待収益率を使って収益バリューを計算してみようと考えています。株式投資の平均利回りを6%~9%として、”株式投資の平均利回り”=”期待収益率”=”リスク-成長性”と考えれば、各企業の平均的な”リスク-成長性”の数値は6%~9%の間であると考えてもいいような気がします(かなり乱暴)。であれば、収益バリューは”今期利益/期待収益率”でざっくりと計算できるはずです。でもこれって結局PERと同じなんですよね。期待収益率5%ならPER20倍(1/0.05=20)の場合の収益バリューを算出することになるし、期待収益率10%であればPER10倍(1/0.1=10)の場合の収益バリューを算出していることになります。書いてて少し混乱してきましたが、期待収益率6%(=PER16.7)として、さらに前々期・前期純利益・今期予想純利益を平均した利益をもとに収益バリューを計算すれば、ざっくりとした収益バリューは出るのではないかと考えています。長々と書きましたが、要するに、3期分の利益の平均からPER16.7倍の場合の株価を出して、現時点の株価と比較して割安であればOKということになります。この計算方法の問題点は、四季報の今期予想利益も収益バリュー算出時の要素に入れてしまうことです。この予想利益が大幅に狂えば収益バリューも大きくブレることになるはずです。例えば、最近の例でKG情報のような典型的な成長企業で業績予想の下方修正などがあれば、その銘柄の収益バリューの安全域は一気に失われるということになります。

3.資産バリューと収益バリューを総合的に見て割安な銘柄
これを割安銘柄とみなしていいのかどうか悩んでいます。例えば、一株辺りの資産バリューが100円・収益バリューが100円で、株価が100円であれば、その企業の総合的な価値に対する株価は1/2ということになり、充分な安全域を備えた銘柄と考えられますが、逆に資産バリューで見ても収益バリューで見ても平凡な銘柄とも言えるような気がします。手持ちの銘柄で言えば、鳥羽洋行がまさにこれにあたります。こんな銘柄ばかりのPFもどうかとも思います・・・。

こんなことばっかり考えて、実際の銘柄探しがなかなか進みません(苦笑)。

[ 2005/09/04 21:13 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

「個人投資家たちに40の質問」その4

いよいよ最後の10問。

31.朝起きてまずやるのは、新聞やテレビのニュースを見ることですか?
朝起きてまずやるのは、朝御飯を食べることです・・・。というのは置いておいて、朝一に会社で持ち株の始値をチェックしてしまいます。

32.家に帰ってまずやるのは、市況と持ち株の値動きのチェックですか?
家に帰る前に、会社で持ち株の終値とlivedoorファイナンスで開示情報のチェックをしています。家に帰ってからは、ブログを書いたり、投資関係の本を読んだりしています。

33.もしかして、仕事中(授業中)は持ち株の値動きが気になってしょうがない?
正直言って気になって仕方ないです。長期投資で日々の値動きはそれほど重要ではないはずですが、本業は内勤で常にネットに繋がる環境で仕事をしているので、始値・前引・終値は必ず見てしまいます。E*TRADEのPFに購入候補銘柄も登録しているので、その値動きもチェックしてしまいます。投資を始めた最初の1ヵ月はもっとひどくて、仕事中もE*TRADEのPF画面に張り付きで、ほとんどデイトレーダー状態でした(w。

34.買い物するときは、やはり自分の保有している会社の製品を買ってしまう?
今のところ、自分の身の回りにあるような製品を生産・販売している会社には投資していないのでわかりませんが、もしそういう状況になれば多分投資先企業の製品を買うでしょうね。さらに、周りの人にもその製品を勧めるでしょう(w。

35.会社名を聞くとその会社の株価がどのぐらいだかすぐに思い出してしまう?
一度でも投資したことのある銘柄銘柄、もしくは購入候補に挙がった銘柄であれば思い出せると思います。

36.やはり、株主優待は銘柄選びの重要な要素ですか?
むしろ株主優待には反対です。変な株主優待するくらいなら、配当性向を上げるか内部留保して有効な再投資をして欲しいです。

37.投資を始めて生活やモノの考え方は変わりましたか?
変わりました。まず無駄遣いがかなり減りました。また、将来の資産形成について真剣に考えるようになりました。会社の無駄な飲み会にも行かなくなりました(w。「お金の最も愚かな使い方は、それを使うことである」、どの本で読んだか忘れましたが、この言葉を実行するだけでも、そこそこ金持になれそうです。

38.投資は、将来的に重要になると考えますか?
重要だと思います。将来的に”知るもの”と”知らざるもの”の格差は確実に拡がっていくと思います。

39.個人投資家はこれから増えていくと思いますか?
増えるのではないかと思っています。

40.将来は、投資だけで食べていきたいですか?
質問10で答えた通り、今のところ50歳までに1億円の資産を作るのが目標ですが、仮に達成できたとしても、1億円の資産で投資だけで食べていくのは難しいと思います。それに投資だけの生活では退屈そうです(生き甲斐になるような趣味も無いので)。今のことろ何もアイデアは無いですが、将来も何らかの方法で投資以外の収入源も確保していくことになるのではないかと考えています。いわゆる”アーリーリタイヤ”については、今のことろ考えていません。

ということで、終了!
一年後くらいにまたこの質問に答えてみたら、そのときに自分自身の変化がわかって面白いかもしれないなぁと思いました。

[ 2005/09/03 21:52 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

「個人投資家たちに40の質問」その3

いよいよ中盤。

21.あなたのホームページは株式投資関連のページですか?
今のところ、投資関連の記事が7割、その他の記事が3割といったところです。コンテンツとしては、投資関連の薀蓄を語れるほどの知識がないので、読んだ本の感想や運用成績の記録を残す程度です・・・。

22.ホームページを運営していくうえで嬉しいこと楽しいことは何ですか?
何人かの方に相互リンクを申し込まれたのが嬉しかったです。このブログを通じて、お互い切磋琢磨できるような個人投資家の皆さんと知り合いになれればきっともっと楽しくなると思っています。(私自身もっと勉強することが前提です)

23.ホームページを運営していくうえで大変なことは何ですか?
なにがしかの記事で毎日更新することを目標にしていますが、ネタがまったく無い日は辛いです。実はこの「個人投資家たちに40の質問」への回答も、ネタが無いのでやっていると言う説も(w。

24.オンライン(ネット上)に投資をやってる友達はいますか?どのように知り合いましたか?
残念ながら、まだ友達と言えるような人はいません・・・。

25.オフライン(ネット以外)に投資をやってる友達はいますか?どのように知り合いましたか?
大学時代の友人が外貨預金で資産運用をしています。株で大損をしたので利回りのいい外貨預金で、と言うことらしいです。

26.あなたの周囲の方はあなたが投資をやっていることを知っていますか?
妻は知っています(ちゃんと説明しないと資金が捻出できません)。主な友人も会社の同僚や上司も知っています。

27.周囲の方に投資を勧めたいと思いますか?
私のまわりには、”株はギャンブル”と思ってる人が多いように感じますので、勧めようとは思いません。その前に自分がちゃんと勉強して実績も出さないと、いくら勧めても説得力がないですしね。

28.投資を始める前の投資のイメージってどんな感じでしたか?
株式投資については”株はギャンブル”と思ってました。デイトレーダーのイメージが強かったので。

29.始めてみてからの投資のイメージは?
楽しい!
投資については、まだまだ勉強したいし、勉強しただけの結果が出ればもっと楽しくなると思います。

30.自分の生活の中で投資は何割を占めますか?
睡眠時間を除いた時間配分で言えば、大体5割は占めてそうな気がします。土日は四季報CD-ROMと格闘するか、投資関連の書籍を読んでますし、本業中もこっそり投資関連のサイトやブログを見てます。

というわけで、また次回に続きます。

[ 2005/09/02 18:33 ] 投資 | TB(0) | CM(2)

ウクレレ教室 8回目

先々週のレッスンはお盆のためお休みで、今日は4週間ぶりのレッスンとなりました。レッスンは20時からなので、家に帰ってから、慌てて前回の復習(この4週間ほとんどウクレレ触ってなかったので・・・)。

で、今日のレッスンの内容は・・・、

1.ドレミファソラシドの復習(パターンをいろいろ変えて)
相変わらず楽譜が読めない!

2.”Loke Lani”のソロ練習
前回と同じ曲を練習。今回はストロークをいろいろ変化させて練習。なんか急にレベルが高くなったような・・・。右手が攣りそうで、先生についていくのに必死でした。

はぁ・・・、頑張って練習しよ~!

[ 2005/09/01 22:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。